ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮

2013年4月27日公開,137分
PG12
  • 上映館を探す

デンマーク王室最大のスキャンダルといわれる史実を基に、王と王妃、侍医の運命的な三角関係を描くラブストーリー。監督は「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」の脚本を担当したニコライ・アーセル。出演は「偽りなき者」のマッツ・ミケルセン、「アンナ・カレーニナ」のアリシア・ヴィカンダー。製作総指揮に「ダンサー・イン・ザ・ダーク」のラース・フォン・トリアーが名を連ねている。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

絶対王政末期の18世紀後半、野心家のドイツ人ヨハン・フリードリヒ・ストルーエンセ(マッツ・ミケルセン)は、精神を病んだデンマーク国王クリスチャン7世(ミケル・ボー・フォルスガード)の侍医に就く。王の唯一の理解者であり親友となる一方、ストルーエンセは孤独な王妃カロリーネ・マティルデ(アリシア・ヴィカンダー)の心も虜にし、禁断の恋に落ちていくのだった……。やがて啓蒙思想を信奉するストルーエンセは、国王の言動を操り、事実上の摂政として数々の改革に乗り出していくが、不満を募らせた保守派貴族たちは密かに政変を起こそうと画策する。欲望渦巻く宮廷の権力争いの行方、そして侍医と王妃の許されざる愛の結末とは……。

作品データ

原題
En kongelig affære
映倫区分
PG12
製作年
2012年
製作国
デンマーク
配給
アルバトロス・フィルム(提供 ニューセレクト)
上映時間
137分

[c]2012 Zentropa Entertainments28 ApS, Zentropa International Sweden and Sirena Film Prague [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.9
  • 4
    2013/5/23

    こう言う時代モノ、マッツは似合いますよねぇ。
    あの横暴で頭の固い保守派たちの中に居たら、凄く異質だっただろうなぁ。

    このクリスチャン7世見ていると、日本の江戸幕府時代の13代将軍徳川家定公思いだす。
    彼の病気説も根強いですよねぇ。先天的な物だったと言われてますけど。
    同じお飾りだったんでしょうね。
    丁度時代の末期・・と言うあたりにも共通性が・・
    まぁ、家定公は暗殺された‥と言う説も有ります。
    何でクリスチャン7世はお飾りとは言え王のままで置かれているのか‥と思ったらクーデターの衷心にいた継母の息子、王の異母兄弟フレゼリク王子は身体障害が有ったそうです。
    なので表に立たせられずに精神疾患が有っても乱痴気騒ぎの問題を起こしても、1784年に王の息子フレゼリク6世が摂政王太子になるまではクリスチャン7世が必要だったのでしょうね。

    あの王の所に異国から嫁ぐのは辛い物だろうな‥
    愛する努力もしないし。愛せないと公言するし。
    王自身も辛かったんだろうけど。ヨハン・フリードリヒ・ストルーエンセの入れ知恵とはいえ、枢機院たち相手に改革をしていくのは楽しかっただろう。
    勿論何かを変えようと思ったら大胆に出ないといけないだろうけど、周りは敵だらけ。もうちょっと慎重に勧めたら良かったのにねぇ。と思わずにはいられない。
    でも日本の維新もそうだもんなぁ‥

    病んだ王も、孤独な王妃も、啓蒙思想を信奉するが故に突き進んでいくストルーエンセも、切ないんだな‥
    地位と権力と欲にまみれた保守派貴族たちに潰されていく。

    今の時代が有るのも、誰かが異を唱え、戦ったお陰なんだよね。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • 2006年から映画

    4
    2013/5/16

    デンマークで実際にあった王室スキャンダル。

    王妃と不倫しても王の信頼が厚いなんてどんな人かと思ってたけど、この王にしてこの侍医なら納得。そして大スキャンダルに発展するのもこの王ならでは・・

    当時流行していた啓蒙思想。貴族ではなく国民の為の政治をと思っても強大な権力を発動すれば軋轢が・・。

    穏やかな宮廷もひとたび企てが進行すれば転覆はあっという間。
    華やかな王宮での密やかな恋。聡明でカッコいい理想に燃える男性。
    男が愛人を囲ったり娼館に通うのは許されるのに~!

     ・スキャンダル好きの方
     ・貴族物が好きな方
     ・ボンボンの方
      にお勧めです

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 4
    2013/5/4

    お話は輿入れした王妃から始まり、舞台のほとんどは王宮と夏の離宮です。場所が限られているので、ドラマに集中して観ることができます。事前にデンマークの歴史とか啓蒙思想が何であるとかを学んでおく必要もありません。

     理想と恋と現実も渦を巻き、まさに時代が許さなかったと表現できるような結末。そこで終幕せず、きちんと未来への願いへと繋がっているところがとてもいい。
     切なく、とても美しく、歴史の重みがありました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告