クロッシング・デイ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

クロッシング・デイ

2013年2月23日公開,100分
  • 上映館を探す

「ラストキャッスル」や数々のテレビドラマに出演したブライアン・グッドマンが、最悪の治安と言われるアメリカ・サウスボストンで育った自らの生い立ちを描いた犯罪ドラマ。脚本・出演も担当した本作が初監督作品となる。出演は「キッズ・オールライト」で第83回アカデミー賞助演男優賞にノミネートされたマーク・ラファロ、「トレーニング・デイ」で第74回アカデミー賞助演男優賞にノミネートされたイーサン・ホークといった実力派二人が、暗黒街から抜け出せない幼馴染み同士を演じる。ほか、「ガリバー旅行記」のアマンダ・ピート、「ミスティック・リバー」のウィル・ライマンらが出演。特集上映『未体験ゾーンの映画たち2013』にて上映。一般公開2013年2月23日。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

アメリカ・サウスボストン。犯罪が横行するこの地区で育った幼馴染みの二人は、当たり前のように犯罪に巻き込まれギャングとなっていった。夢を見ても叶うわけもなく、喰うか喰われるかのこの地で犯罪に手を染めざるをえない現実を前に憤りを感じていた……。

作品データ

原題
What Doesn't Kill You
製作年
2008年
製作国
アメリカ
配給
ファインフィルムズ
上映時間
100分

[c]2008 RMC PRODUCTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.3

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?