TOP > 上映中の映画作品を探す > メッセンジャー

メッセンジャーの画像

戦死した兵士の遺族に訃報を伝える米軍のメッセンジャーを主人公に、戦争の悲惨さを描くドラマ。主演は「3時10分、決断のとき」のベン・フォスターウディ・ハレルソン(「ハンガー・ゲーム」)の助演男優賞と脚本賞の2部門でアカデミー賞ノミネート。「アイム・ノット・ゼア」の脚本家、オーレン・ムーヴァーマンの初監督作。

2/5
総評価数 11
レビュー 1
投票 10
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (3)
星3つ 25% (5)
星2つ 0% (2)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
27

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

イラク戦争で負傷し、帰国した米軍兵士ウィル軍曹(ベン・フォスター)は、新たな任務を受ける。それは、上官のトニー大尉(ウディ・ハレルソン)とともに、戦死した兵士の遺族に第一報の訃報を伝えるメッセンジャーへの就任だった。だがその任務は、非常に残酷なものだった。訃報を受けた遺族は、怒りと悲しみを露わにし、非難の矛先を国や戦争に対してではなく、メッセンジャーに向けてくる。自分の親族は戦死したのにもかかわらず、このメッセンジャーは無事に生還している……。悲痛な思いから、時に遺族たちはメッセンジャーに罵声を浴びせる。そんな日々を繰り返す耐え難い任務に、葛藤を抱くウィル。ある日彼は、戦死を告げた兵士の妻で、今は未亡人となったオリヴィア(サマンサ・モートン)と出会う。日々、接することで距離を縮めてゆく2人。心身ともに傷つき、生きる意味を模索していたウィルだったが、彼を見守るトニー、そして何よりオリヴィアとの出会いをきっかけに、失われた心を徐々に取り戻してゆく……。

作品データ

原題 The Messenger
製作年 2009年
製作国 アメリカ
配給 インターフィルム
上映時間 112
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

つらい仕事ですが現実です

投稿者:@ゆう坊

(投稿日:2013/5/6)

とてもつらくてしんどい仕事ですが、それも誰かがやらなければな…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

まるで“死神の使い”…世界一過酷かもしれない究極の職業とは?
まるで“死神の使い”…世界一過酷かもしれない究極の職業とは?(2013年3月8日 11:25)

世の中には様々な種類のつらい職業が存在するが、中でも一、二を争うほど耐え難いのではないかと思える仕事をご存知だろうか? その名もずばり「メッセンジャー」。もちろ…

フォトギャラリー

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/31更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > メッセンジャー