フィギュアなあなた|MOVIE WALKER PRESS
MENU

フィギュアなあなた

2013年6月15日公開,112分
R18+
  • 上映館を探す

フィギュア好きのオタク青年と美少女フィギュアとの奇妙な同居生活を描く、鬼才・石井隆監督による幻想的でポップなラブストーリー。個性派俳優、柄本佑がオタク青年に扮し、人気グラビアアイドルの佐々木心音が、普段はセーラー服姿のフィギュア少女役でオールヌードを披露する熱演を見せる。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

美少女フィギュア好きなオタク青年・内山は仕事のミスでリストラに。ヤケ酒で酔ったあげく、チンピラとケンカになり、廃墟ビルに逃げ込む。そこにはヤクザが立てこもっており、命を狙われるはめになるが、危機一髪のところを謎の美少女に救われる。翌朝、目覚めると彼女は人間ではなく、フィギュアで、内山は彼女を家に連れて帰る。

作品データ

映倫区分
R18+
製作年
2013年
製作国
日本
配給
角川書店
上映時間
112分

[c]2013「フィギュアなあなた」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.1
  • たっかん

    5
    2013/11/3

    ある出版社の若手社員が、会社から一方的に「ダメ社員のレッテル」を貼られて、自暴自棄になっていたところ、偶然マネキン世界→フィギュアの世界に入り込むという石井隆監督の幻想的な傑作。

    フィギュアの浮遊シーンが素晴らしい!

    また、佐々木心音の全身全霊を込めた、まさに体当たりの演技も見事。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 南平岸

    5
    2013/6/23

    池袋で行列して観ました。マスコミ関係者も、随分来場していました。
    新聞の映画評(6/21付日経紙夕刊「シネマ万華鏡」)は、効果絶大でした。インテリ風の中高年客の多さが、その証拠。先着客への生写真プレゼント企画も、相乗効果だったかも。
    本作に先行した「空気人形」(09年公開、是枝裕和監督!)で、ビニール製ダッチワイフを演じたぺ・ドゥナの裸体も新鮮でしたが、本作で「戦うフィギュア」を演じた佐々木心音の裸身は完璧でした。(童顔+グラマラス・ボディという点で、まさに生けるフィギュア人形!)
    本作は「エロティック・ラブ・ファンタジー」という触れ込みでしたが、ラスト・シーンを観る限り、私にはブラックでシニカルな文明批評と感じました。
    即ち・・・主人公の内山(柄本佑)は、勤務先の出版社で上司(竹中直人)が罵倒され、パワハラされる場面からリアル(現実)とヴァーチャル(妄想)が混濁。勤務先をリストラされ、自暴自棄となり泥酔状態で交通事故に遭い死んだこと。廃墟ビルで拾ったのも、ただのマネキン人形だったこと。それだけがリアルで、それ以外は全てヴァーチャルだったのではないでしょうか。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告