陽だまりの彼女|MOVIE WALKER PRESS
MENU

陽だまりの彼女

2013年10月12日公開,129分
  • 上映館を探す

“女子が男子に読んでほしい恋愛小説No.1”のキャッチコピーが話題となるなど、女性から絶大な支持を受ける、越谷オサムの同名ベストセラー小説を、松本潤&上野樹里主演で映画化したファンタジック・ラブストーリー。10年ぶりに再会した中学時代の幼なじみの恋の行方をつづる。監督は『僕等がいた』の三木孝浩。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

新人営業マンの浩介は取引先で中学時代の幼なじみの真緒と10年ぶりに再会する。中学時代は“学年有数のバカ”と呼ばれ、さえないイジメられっ子だった彼女は、美しい女性へとすっかり変わっていた。浩介は幼い頃の純粋な思いを取り戻し、恋に落ち、やがて結婚を決意する。だが、真緒は誰にも知られてはいけない秘密を抱えていた。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2013年
製作国
日本
配給
東宝=アスミック・エース
上映時間
129分

[c]2013「陽だまりの彼女」製作委員会 [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

4.1
  • お水汲み当番

    4
    2020/7/29

    上野樹里が、ほんわかーとしたネコの化身を好演していて、ハマリ役だと感じました。

    こういう、「とにかくあなたが好きなの好きなの好きなの~」と言い続けられる女の子って、純粋にいいな~、と思います。
    それができる子は、絶対にモテるよ。

    最後の最後のシーンだけが破綻していて、ネコの化身は上野樹里と彼女の飼いネコという二人に同時に輪廻するみたいですが、これだけはどうしても私には理解できませんでした。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ねこにゃん

    5
    2015/9/19

    男性に読んでもらいたい小説と言うより・・・・
    猫好きには、たまらない萌感のある映画。
    私が猫だったら、助けてくれた人間を好きになってしまうし、
    逆に、私の猫が、恩返しに、人間になって、「ありがとう」を言ってくれたらと思うと、かなり、嬉しいし、かなり、激萌(*ymy*)

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ごっとん

    4
    2014/3/12

    あるストーリーかと思ったら、最後はノンフィクションだったので、少し残念だったが、全体的には面白かった。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告