映画クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!|MOVIE WALKER PRESS
MENU

映画クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!

2013年4月20日公開,95分
  • 上映館を探す

5歳の幼稚園児、しんのすけが巻き起こす騒動を描き、幅広い層から支持を受ける人気アニメの劇場版第21作。B級グルメ消滅の危機を救う伝説のソースを巡って、しんのすけらカスカベ防衛隊の面々が巨悪に立ち向かう。テレビアニメ「TARITARI」の監督・シリーズ構成を務めた橋本昌和が、同シリーズ初監督に挑む。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

春日部でB級グルメの祭典、“春日部B級カーニバル”が開かれることに。早速、会場に向かうしんのすけたちは謎の男から、ソースを会場に届けてほしいと頼まれる。その頃、B級グルメを滅ぼそうとする世界A級グルメ機構が出現。実はしんのすけたちが託されたソースはB級グルメを彼らから救える唯一のソース、“伝説のソース”だった。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2013年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
95分

[c]臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2013 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.5
  • たっかん

    3
    2015/9/6

    この映画を観ると、焼きソバが食べたくなってしまう…(笑)

    自分の子供達が幼少時代は一緒になって映画館に連れて行ったクレしん映画だが、子供達がある程度成長してしまうとオヤジ一人で映画館に通っていたシリーズだが、『踊れアミーゴ』あたりからシリーズ作品としての質が落ちてきたので、気が向いた時などには映画館に観に行くクレしん映画となっている。
    最近、クレしん映画を映画館で観たのは『ロボとうちゃん』だったが、あれはなかなかのクオリティだった。

    さて、本作もSFっぽいところあり、アクションあり、相変わらずのギャグあり、と盛りだくさんの楽しさがある映画になっていた。
    特に、『インディジョーンズ2作目』のような「つり橋アクション」は面白い!!

    なかなか楽しいエンターテインメント作品だった。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • えこう

    4
    2013/5/18

    しんちゃんのキャラクターが大好きで毎回観ています。
    今回は日本のグルメをテーマに描かれていきます。

    見知らぬ女性からB級グルメカーニバルにて待つソースのケンさんに届けるよう託されたしんちゃんたち。
    そこに現れたA級グルメ機構という謎の組織との対立をおもしろおかしくストーリーは展開する。

    A級グルメの魔の手が伸びる中、困難にもめげず、焼きそばを食べたいという一心でソースの入った壺を守ろうとする、しんのすけたちに、いつしか応援しながら見入ってました。
    ハラハラドキドキの連続に画面に引きこまれていきます。

    最後には無事にソースがケンさんに渡り、平和な春日部が再び訪れます。
    B級グルメを険悪していたはずのA級グルメ機構の面々も、美味しそうに焼きそばを食べるシーンがまた憎い。

    そして疲れ果て我が家に戻ってきた、しんのすけ。
    パパの胸で休む寝顔がまたかわいく癒してくれます。

    アニメではあるけれど、心の和むこの、しんのすけたちカスカベ防衛隊の友情にもほろっとさせられたり。
    お尻を出したり下品なシーンもありますが、それが笑いのネタなのだから仕方がない。
    今回も突っ込みどころ満載でありました。

    大人ひとりで観るのもいいけれど、親子で一緒に観たいそんな作品でしようか。

    鑑賞後は焼きそばを食べたくなります。
    ケンさんを思い出しながら、味わって食べようかな!

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • パライバ

    4
    2013/5/16

    おバカでスケベなしんちゃんだけれど憎めないんだな。
    今回はしんちゃんの両親の登場が少なくてちょっぴり残念。あれだけ子どものために必死になれる親ってすごいよね。学校教育で強制されることになったらしい「道徳」の時間より、大笑いしながらクレヨンしんちゃんを見てる方が遙かに人を大切にすることの大切さを実感できるんじゃないかしらん?

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告