映画-Movie Walker > 作品を探す > 死んでもいいの 百年恋して

予告編動画を見る 死んでもいいの 百年恋しての画像

“Love and Eros CINEMA COLLECTION”2ndシーズンWinterの1本。夫を事故で亡くしたショックで歳を取らなくなった女性が体験する不思議な出来事を描く。出演は、「劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ」の森下くるみ。監督は、「イヤリング」の榎本敏郎

4/5
[?]評価方法について
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 100% (2)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

結婚早々、夫・耕三を事故で亡くした祐加(森下くるみ)は、そのショックで歳を取らなくなった。30年後、祐加と同じ年齢のアラサーになった娘の綾香(範田紗々)は、婚約者を家に連れてくるようになった。祐加や耕三とつるんでいた昔からの親友・次郎(下條アトム)は60歳になったが、祐加のことがずっと好きで、なんやかんやと面倒を見てくれる。しかし、ずっと友達だと思っていた祐加は、次郎をそんな目で見ることができない。ある日、祐加は道端で、酔っ払った女性を介抱する。その女性・恵美は、お礼のおまじないだと言って祐加にキスをし、去っていく。翌日、勤務する図書館の地下で見慣れないドアを発見した祐加は、恐る恐るドアの中に入っていく。長い暗渠を抜けると、そこは見覚えのある街だった。そこで祐加の前に現れたのは、30年前に死んだはずの耕三だった……。

見たい映画に
登録した人
3

作品データ

製作年 2012年
製作国 日本
配給 アルゴ・ピクチャーズ
上映時間 75
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 榎本敏郎
製作 小川紹良
プロデューサー 江尻健司酒井識人
脚本 いまおかしんじ
企画 利倉亮
撮影 花村也寸志
音楽 鈴木治行
編集 桐畑寛
録音 山口勉
助監督 菅沼隆
照明 福田裕佐
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 死んでもいいの 百年恋して