巨神兵東京に現わる 劇場版|MOVIE WALKER PRESS
MENU

巨神兵東京に現わる 劇場版

2012年11月17日公開,10分
  • 上映館を探す

「館長庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」での上映用に製作された短編を劇場映画化。「風の谷のナウシカ」に登場する巨神兵が突如、東京に現れ、破壊の限りを尽くす様を全編、ミニチュアを駆使した特撮で作り上げた。「新世紀エヴァンゲリオン」の綾波レイ役で知られる、林原めぐみがナレーションを担当している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

平和を享受する東京の人々。だが、そこに突如、見た事もない巨大な人型の物体が現れる。それはとてつもない破壊力を秘めた兵器で、口から発射するプロトンビームで東京タワーや周囲のビルを次々と破壊。やがて、東京は火の海と化していく。

キャスト

作品データ

映倫区分
G
製作年
2012年
製作国
日本
配給
ティ・ジョイ=カラー
上映時間
10分

[c]2012二馬力・G [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.6
  • まこと

    2013/1/1

    こ、これはw
    まあ、特撮マニアが、一生懸命作りました…的なところは、それなりに感激しますが、これを商業作品として評価しちゃイカンですねwww
    これを観るために東京都現代美術館には行くかどうか悩んでいた時期もありましたが…正直、行かなくて良かったなあ…とw

    ぶっちゃけ、クオリティ的には、学生の自主制作映画ぐらいのレベルですね
    とりあえず、特撮マニアがよくがんばりましたね…と、生温く評価すれば良いと思います
    フランケンウィニーでヴィクターが作った映画ぐらいの感覚でいれば、優しい目で見られるかとw

    元々、ナウシカの映画で巨神兵の原画を描いたのは庵野ですし、自らも「エヴァの原点はウルトラマンと巨神兵」って言っちゃってますから
    こういう方向に行くのは、ある意味、必然だったのかもしれませんね…エヴァとは真逆の方向性ではありますが
    実際、エヴァでも、明らかに(特に「火の7日間」の)巨神兵を意識していると思われるシーンが結構ありますし…まあ、好きなんでしょうねwww

    しかし…巨神兵が口から出すやつって、あんな風になってたんですねえwww

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • たっかん

    5
    2012/11/19

    本作は、元々、今年の夏、東京都現代美術館における『館長庵野秀明 特撮博物館』で公開された約9分の特撮短編映画であった。
    美術館では繰り返し上映していたので、3回観た。

    本作は「劇場版」ということで、途中に青い電車(京浜東北線?)の走る場面が挿入されたり、街の場面などで改変されており、立派になってしまったのがチョット残念な感じがした。

    ただ、この巨神兵は完成度高い作品だと思っており、私のパソコンの横には(滅多にやらない)ガチャガチャで集めた3種類(彩色版)の巨神兵を並べている。
    この巨神兵の造形は見事というほかないだろう。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告