映画-Movie Walker > 作品を探す > 零戦突破

ピーター・ウェルベックが書き下したストーリーを、彼自身が脚色、マックス・ボーンが台詞に手を加えたものを新鋭ピーター・ベゼンセネットが監督したスパイ・アクション。撮影はマーティン・カーティス、音楽はジョニー・ダグラスが担当した。出演は新人ポール・マックスウェル、「黒い拍車」のテリー・ムーア、「潜行」のマリサ・メル、「ナバロンの要塞」のアルバート・リーヴェンほか。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

アメリカの敏腕記者マイク(ポール・マックスウェル)は赤い国ハンガリーへ取材出張に飛ぶ前夜、エヴァ(ヘルガ・レーナー)というハンガリー国営旅行社ウィーン支社に勤める女と知りあった。翌朝飛行場でフェレンクという謎の男に血清が入っているという包みを無理に押しつけられ、妹に渡してくれと言い残して姿を消した。昨夜エヴァがこっそり電話で連絡した男だった。ブダペスト。血清を受け取りに現れたのはイロナ(マリサ・メル)という女だった。マイクは念のためにこっそり中味を確かめてみて驚いた。中には偽造パスポートがあったのだ。彼女は肝心の中味のない包みを持って逃げ帰った。翌日、イロナから呼び出しをうけ、彼女の父ユバックス博士がアメリカへ亡命するためにどうしても必要なものと泣きつかれた。彼女の兄が例のフェレンクだった。マイクはパスポートを取りに帰って次の指定場所に行ったが、その頃から彼を狙う男の気配を感じた。辛うじてこれを逃れ、ここに来て友達になったスーザンの協力を得て、イロナとともに博士の待つ国境に近い村へ向かった。間もなく猛スピードで追う車があった。フェレンクであった。この男、実は秘密警察の幹部でイロナまでが彼の手下になっていたのだ。この亡命事件はすべてフェレンクの筋書きで、博士を囮としてマイクを罠に陥し入れ、マイクの身柄とアメリカで捕えられているソ連の大物スパイと交換するために計画されたもの。マイクは一瞬の油断をみて敵の車を奪い、間一髪の危機を逃れたのである。国境の検査所を、背後に警備兵の銃声を聞きながら無事この恐怖の国から脱出したのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 City of Fear
製作年 1963年
製作国 アメリカ
配給 アライド・アーチスツ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 零戦突破