愛、アムール|MOVIE WALKER PRESS
MENU

愛、アムール

2013年3月9日公開,127分
  • 上映館を探す

『白いリボン』の名匠、ミヒャエル・ハネケ監督が、パリで暮らす老夫婦の愛を描き、第65回カンヌ国際映画祭パルムドールに続き、第85回アカデミー賞で外国語映画賞に輝いたヒューマン・ドラマ。自由に動かなくなった体に苦悩する妻アンヌを演じたエマニュエル・リヴァは、史上最年長でアカデミー賞主演女優賞候補にもなった。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

パリで暮らすジョルジュとアンヌはともに音楽家の老夫婦。平穏に暮らしていたが、ある朝、アンヌの身に異変が。病による発作が原因で体は不自由になり、車椅子生活を送る事に。娘や周囲の人々の助けで、2人は以前と変わらぬ暮らしを続けていたが、日に日にアンヌの病状は悪化を続け、次第に家族からも世間からも孤立していく。

作品データ

原題
AMOUR
映倫区分
G
製作年
2012年
製作国
フランス= ドイツ=オーストリア
配給
ロングライド
上映時間
127分

[c]2012 Les Films du Losange - X Filme Creative Pool - Wega Film - France 3 Cinema - Ard Degeto - Bayerisher Rundfunk - Westdeutscher Rundfunk [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.7
  • たっかん

    4
    2013/11/4

    二人の老人夫婦を中心に描いた映画だが、年老いた妻がボケと右半身麻痺となるあたりから、回復することなき妻を介護する老いた夫の2人が丹念に描かれている。
    「老い」という現実に直面するのは様々な形があると思うが、老夫婦の場合は「愛」を抱きながら、回復望めない現実に立ち向かっていく。
    そして、どうにもならない状況まで追いつめられた時に、老いた妻が「痛い!痛い!」と苦しむ姿に耐えかねて、愛情を持った夫は妻を窒息死させるという『究極の愛』とでも言うべき選択をする。

    その直後、一匹の鳩が部屋に入ってきて歩き回るが、老いた夫は鳩を捕まえる。
    「鳩をどうするのか?」と思ったら、逃がしてやったとのことでホッとする。

    そして夫婦は2人で出かけて行き、娘が部屋に入って来て、冒頭の「老婦が死んでいる場面」は繰り返すことなく、エンドロール。エンドロールは、無音。

    ミヒャエル・ハネケ監督が、現代、誰でも直面する老いについての在り方の一例を提示した佳作といえるだろう。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • まあくん

    5
    2013/5/27

    仲睦まじい老夫婦に襲う介護の難しさと愛するが上の葛藤を描く秀作です。高齢者の方のみならず若い人たちにも見て考えてもらいたい映画です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ムーミン

    4
    2013/4/19

    こんな作品は見たことが無いです。
    邦画でも老々介護の作品はある。ただ認知症が主である。
    この作品は認知症は無く体が病のため不自由に。
    前半は今の状況を事実受け止めて介護する姿に感動。娘のように、現状をどうにか治らないか?ではない。今の状況でできることを二人で生活する。
    二人で食事するシーンは素晴らしいと思う。

    元気なころを思い出して悲しんだり、他人をうらやんだり。そうなりがちなところが無い二人に憧れた。

    次第に病状が重くなると、妻の人間らしさ。妻の満足を考えて介護する。その結果がこの作品であろう。
    夫ジョルジュの困惑した表情が素晴らしい。
    星と花の話…感動
    ショックだが、夫婦の愛を感じる作品であった。

    ハトの意味が…理解できないのだが

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告