ぼくが処刑される未来|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ぼくが処刑される未来

2012年11月23日公開,87分
  • 上映館を探す

「仮面ライダー」や「スーパー戦隊」の出演者たちを起用し、新たな物語を創出する新シリーズ“TOEI HERO NEXT”の第2弾。「仮面ライダーフォーゼ」で主人公の仮面ライダーフォーゼを演じた福士蒼汰と、同じく仮面ライダーメテオを演じた吉沢亮が、コンピューターが支配する近未来を舞台に、権力に立ち向かっていく姿を描く。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

世間や他人に無関心の大学生・幸雄はある日、眩い光に包まれ、目を覚ますと取調室で身柄を拘束されていた。そこは25年後の未来で、彼は凶悪犯罪者を過去から連行して処刑する「未来犯罪者消去法」によって連行されたのだった。身に覚えのない罪で投獄された幸雄。その頃、天才ハッカーのライズマンは彼の脱獄計画を練っていた。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2012年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
87分

[c]2012「ぼくが処刑される未来」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.5
  • ミチさん

    3
    2012/11/30

    評価の難しい作品です。
    まずストーリーはSFにありがちな、過去改変もの。もう少しひねりが欲しかった。ただ、エピローグは良くできており、全体的にもう少しスピード感が欲しかったか。せっかくアクションスターを使っているのに、味のあるアクションはナシ。これも残念。HERO NEXTシリーズというからには、もう少しHEROに魅力を持たせて欲しい。
    関めぐみは、その思いつめた表情が独特で、『ハチミツとクローバー』『アヒルと鴨のコインロッカー』『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』で、我々をゾクゾクさせてくれた。本作品でもその魅力を遺憾なく発揮している。本作品は彼女の魅力で持っているようなもの。しかし、最近上演作品が少なく残念。
    ということで制作側の意図は伝わるけど、今一歩かな。もう少し頑張って欲しい。激励の☆3つ。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告