映画-Movie Walker > 作品を探す > 愛のゆくえ(仮)

愛のゆくえ(仮)の画像

一連のオウム真理教事件に関与し、全国指名手配された平田信の17年間に及んだ逃亡生活とその生活を支え続けた女性をモチーフにした愛の物語。脚本・主演は、「家族ゲーム」でスクリーンデビュー後、女優・劇作家・演出家・作家として活躍する前川麻子、共演に劇団“TSUMAZUKI NO ISHI”を主宰する寺十吾。監督・脚本は「へばの」の木村文洋

4/5
総評価数 2
レビュー 1
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

17年もの間、人目を避け、息を殺して生き続ける男・浩司(寺十吾)と、偽名で社会生活を送りながら男を匿っている女・陽子(前川麻子)。2011年3月11日の大震災から1年後の春。その日、陽子はいつも通り二人分の弁当を買い、男に頼まれてもいない買い物をし、懐かしい歌を口ずさむ。だが、アパートに戻った陽子は、いつもと同じようで少し何かが違うお互いの様子を感じとっていた。そんな長い夜、17年に及ぶ偽りの人生を終わりにする転機が訪れる……。

見たい映画に
登録した人
6

作品データ

製作年 2012年
製作国 日本
配給 team JUDAS2012
上映時間 86
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 木村文洋

キャスト

前川麻子
寺十吾

レビュー

誰でもいつかは死ぬ、だからどうするのか?

投稿者:馮美梅

(投稿日:2013/2/8)

前回の「へばの」では「恋の予感」そして今回の作品では「グッバ…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 愛のゆくえ(仮)