TOP > 映画作品を探す > 拝啓、愛しています > レビュー

投稿レビュー(5件)拝啓、愛していますは星4つ

メルヘンにしてしまってはいけない・・・ (投稿日:2013年5月11日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

2011年の韓国映画「拝啓、愛しています」
まったく予備知識のないまま見たのですが、
笑って、笑って、笑って!それも声をあげて・・・
泣けて、泣けて、泣けて・・・久しぶりにいっぱい泣けました。
思いがけずいい映画に出会いました。

一組は駐車場の管理をしながら認知症の妻の面倒をみる老夫婦、そしてもう一組は
妻を病気で亡くしたマンソクというおじいさんと身寄りのないソンというおばあさん
との愛とその4人の友情の話です。

ネタバレになってしまいますが、ソンというおばあさんは下の名前がありません。
父親が名前をつける前に出征してしまい、それっきり名前がなかったのです。
そして大人になって田舎から駆け落ちしてソウルに出てきたのですが、子供が出来
夫は暴力をふるい家を出て行く。その子供も幼くして亡くなり、ソンさんは
それからずっと身寄りのないまま年老いて、集めたダンボールを売りながら
毎日の生計を立てているのです。
感情の起伏の激しいオモニばかりをドラマや映画で見慣れているのでちょっと新鮮
(失礼・・・)

そんな境遇のソンおばあさんがマンソクという口は悪いけど根は優しいおじいさん
と出会って「愛しています」と告げられ生まれて初めて幸せを知ったのです。
もう見ている私も胸がキュンとなって泣けて泣けて・・・
そしてその幸せを失いたくないからと彼女がとった行動とは・・・
本当にかけがえのない幸せを知ったということが伝わってくるのです。

もう一組の認知症の妻が支えになっているおじいさんの最後の選択は・・・
同じく夫婦の愛を描いたミヒャエル・ハネケの「愛、アムール」より同じアジアの作品
のせいか伝わってくるものがあります。

韓国映画はどんなジャンルのものにもコミカルな場面があります。
「拝啓・・・」のイ・スンジェが演じたマンソクには笑わされっぱなしです。
恋をしたおじいさんは可愛くてチャーミング!
韓国の俳優さんは演技がうまいです。

笑って泣いて、今ある自分の幸せがいかにかけがえのないものか教えてもらいました。

ただラストシーンにはちょっと疑問が・・・
あれでは彼らの愛が「メルヘン」で終わってしまうようで、それではいけないと思う。
「メルヘン」にしたら現実にはありえないという展開になってしまうではないか!

»ガイドライン違反報告

投稿:uji

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

どんな人にも観てほしい (投稿日:2013年1月26日)

人生の終末期にさしかかって、人は何を考えて、振り返るのだろうか…。家族、友達、周りの人とのつながりは?そんな事を考えさせられました。コミカルで笑いあり、ホロッとくるところあり、人生の凝縮感を感じました。どんな世代、男女問わず観て頂きたいです。 »ガイドライン違反報告

投稿:racconeko

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

大人のメルヘン (投稿日:2013年1月21日)

年老いても恋や友情を育める喜び、そして老いているが故の限界。人生終盤で出会った喜びや悲しみを優しく描いている大人のメルヘン。30年以上連れ添っている妻を連れて観に行ったが、多少はポイントを稼ぐことができたと思う。 »ガイドライン違反報告

投稿:ヘンマニア

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

素晴らしい作品でした (投稿日:2013年1月18日)

久しぶりに良い映画を見ました。

たいした情報もなく見にいった映画でしたが、
見て良かったです。

日韓関係が冷え込んでいる昨今ですが、
こういう作品を通して、
国境を越えられるといいですね。

もう終わってしまうので、
見ていない人はぜひだまされたと思って見にいってください。
おススメです。

»ガイドライン違反報告

投稿:ゆうたん5

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

久しぶりに、よく泣きました (投稿日:2012年12月25日)

予告編でも、これは泣くな…と思ってたんですが、本当に泣きましたw
というか、映画でこんなに泣いたのは久しぶり…ってぐらい涙涙です

単純に言うと、高齢者が恋愛したり、余生について考えたり…という、そういう映画
そう言えば、先月、同じようなテーマの『みんなで一緒に暮らしたら』を観たら、フランス映画らしく、高齢者も恋にSEXに励んでましたが…それに比べると、韓国は初々しいですねw
役者の表情も愛くるしく、国民性や生活習慣などを考えても、日本人にはこちらの作品の方が共感しやすいと思います

ラストシーンは恐らく賛否両論、むしろ否定的な人の方が多いと思いますw
でも僕は、この時代に、あえてあの演出をした監督の気持ちを評価したいですね

映画を見慣れた人は、こういうベタな映画は評価しないかもしれませんが、むしろベタだからこそ安心して泣けるってもんですw
韓国では広い世代に支持された作品らしいですが、やはり若い人よりも、パートナーの死を現実に感じる高年齢層ほど、泣ける映画だと思います

二組の高齢カップルが出てきますが、余生に対する選択は、まさに対照的です
ごちゃごちゃ難しい事を考えなくても観られる映画ですが、心にジンワリと残るものもあります

評価は分かれると思いますが、個人的に、こんなに泣いた映画は久しぶりなので、☆5としておきます
韓国ドラマが好きなうちの両親(70歳)にも勧めておきますw »ガイドライン違反報告

投稿:まこと

評価:5
星評価

3人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/12更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 拝啓、愛しています > レビュー