映画-Movie Walker > 作品を探す > ボディ・ハント

予告編動画を見る ボディ・ハントの画像

女子高生が新居で襲われる恐怖を描くシチュエーション・スリラー。出演は、「ハンガー・ゲーム」のジェニファー・ローレンス、「ピラニア 3D」のエリザベス・シュー、「クロエ」のマックス・シエリオット。監督は、「監禁ハイウェイ」のマーク・トンデライ。原案は、「ターミネーター3」監督のジョナサン・モストウ

3/5
[?]評価方法について
総評価数 19
レビュー 3
投票 16
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 22% (2)
星4つ 66% (6)
星3つ 100% (9)
星2つ 11% (1)
星1つ 11% (1)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

17歳の高校生エリッサ(ジェニファー・ローレンス)は、両親の離婚で住み慣れたシカゴから、母サラ(エリザベス・シュー)と郊外の一軒家に引っ越す。そこは、数年前に隣の家で娘が両親を惨殺して失踪するという事件が起こった訳あり物件で、驚くほど安い賃貸料で貸し出されていた。隣の家には、親戚の家に預けられていた一家の息子ライアン(マックス・シエリオット)が、莫大な遺産と共に家を相続して住んでいた。ロック・ミュージシャンの父の影響を受けたエリッサは、自分のサイトで自作曲を発表するなど、音楽活動を続けていた。それをきっかけに知り合ったエリッサとライアンは、次第に親しくなっていく。母サラは2人の交際に反対するが、最愛の妹と両親を失うという心の傷を抱えながら孤独に生きるライアンに、高校の同級生たちにはない魅力を感じたエリッサは彼に惹かれていく。しかし、ライアンは家の地下室の奥、厳重に鍵を掛けた隠し部屋に、誰にも知られてはいけない秘密を隠していた。静かに飼われていたその秘密は、監禁されていた場所から逃げ出し、町を恐怖に陥れる。エリッサは予測不可能な展開の果て、想像を絶する悪夢と危険に苛まれる。やがて邪悪な欲望は、エリッサを狙ってうごめき始め、驚愕の真実が明らかになる……。

見たい映画に
登録した人
33

作品データ

原題 House at the End of the Street
製作年 2012年
製作国 アメリカ
配給 ポニーキャニオン
上映時間 101
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

意外に面白かった!

投稿者:ポイキオ

(投稿日:2013/03/05)

ごく正統派なスリラーで、ジェニファー・ローレンス含め俳優陣の…

[続きを読む]

支持者:0人

洗練されたスリラーですが…

投稿者:まこと

(投稿日:2012/11/28)

序盤の感じから、後半は凄惨なホラーになるかなあ…と思いきや、…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ボディ・ハント