TOP > 上映中の映画作品を探す > 嵐の娘(1924)

プリシラ・ディーンのユ社における最後の作品である。リート・レニック・ブラウンの原作を、エドワード・モンテインが脚色し、ジョージ・アーチェンボードが監督した。ディーンの対手はトム・サンチ、ウィリアム・デイヴィッドソン等である。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ケート・マスタースンという女性は女の身ながら漁船を操縦する雄々しい女船長であった。プルート・モーガンが船長をしている帆船に船が衝突して、彼女は救われたが、そのままモーガンの船に使役される身となった。モーガンは女嫌いであったので、ケートは辛い日を送らねばならなかった。運転手のレナートは船長を幽閉して自ら指揮をしようとしたが、暴風雨吹き荒れる海上に帆船が翻弄された時、レナートは手も足も出なかった。ケートはモーガンを縛めから解いて助ける。船が沈んだときにケートとモーガンの2人のみが助かった。彼女のためにモーガンの心も改まり、優しい男となって2人は幸福な生活に入る。

作品データ

原題 The Storm Daughter
製作年 1924年
製作国 アメリカ
配給 ユニヴァーサル支社
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 嵐の娘(1924)