TOP > 上映中の映画作品を探す > 遺体 明日への十日間

予告編を見る
遺体 明日への十日間の画像

2011年3月11日に発生した東日本大震災による津波で多くの方が亡くなった岩手県釜石市。遺体の身元確認のために遺体安置所で奔走する被災者たちの姿をつづった、ノンフィクション作家・石井光太によるルポルタージュを、西田敏行らを迎えて劇映画化。監督は人間ドラマに定評のある『誰も守ってくれない』の君塚良一

4/5
総評価数 52
レビュー 15
投票 37
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (17)
星4つ 25% (23)
星3つ 25% (9)
星2つ 0% (2)
星1つ 25% (1)
見たい映画に
登録した人
86

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

東日本大震災で多くの市民が犠牲となり、岩手県釜石市では、廃校となった旧釜石第二中学校の体育館を遺体安置所として使う事に。次々と運ばれてくる遺体の身元確認作業が続くなか、地区の民生委員として働いていた相葉は定年前に葬祭関連の仕事に就いていた事から、安置所の世話役としてボランティアで働かせてもらうようになる。

作品データ

製作年 2012年
製作国 日本
配給 ファントム・フィルム
上映時間 105
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 君塚良一
脚本 君塚良一
原作 石井光太
製作 亀山千広
エグゼクティブプロデューサー 種田義彦
プロデューサー 高橋正秀古郡真也清野真紀前田久閑
音楽 村松崇継
エンディングテーマ SHANTI
協力プロデューサー 高井一郎河端由梨子
撮影 栢野直樹
照明 磯野雅宏
録音 柿澤潔高須賀健吾
美術 山口修
スクリプター/記録 中田秀子
編集 稲垣順之助
SFX/VFX/特撮 山本雅之
音響効果 柴崎憲治
監督補 田澤裕一
制作担当 橋本靖
プロデューサー補 大坪加奈

キャスト

相葉常夫 西田敏行
土門健一 緒形直人
及川裕太 勝地涼
芝田慈人 國村隼
大下孝江 酒井若菜
下泉道夫 佐藤浩市
山口武司 佐野史郎
松田信次 沢村一樹
照井優子 志田未来
平賀大輔 筒井道隆
正木明 柳葉敏郎

レビュー

震災

投稿者:にっし~

(投稿日:2013/10/16)

あの日のことは関東地方に住んでいる私でもかなり衝撃で忘れられ…

[続きを読む]

支持者:0人

遺体となるためには生かされたものに何が必要なのか・・・なにができるのか。

投稿者:どすん

(投稿日:2013/4/12)

3/11 東日本大震災直後 釜石市の廃校体育館が遺体安置…

[続きを読む]

支持者:0人

鑑賞することこそが犠牲者のご供養になります

投稿者:えこう

(投稿日:2013/4/12)

観たかった作品です。 1週間限定で三田の劇場でも公開になり…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

未曾有の悲劇から2年、3.11を振り返る映画が続々
未曾有の悲劇から2年、3.11を振り返る映画が続々(2013年2月23日 10:00)

東日本大震災から2年が経とうとしている。あの大災害が私たちに何をもたらし、この社会をどう変えてしまったのか、その問いに答える作業は決して簡単なものではない。だが…

君塚良一、3.11の遺体安置所を撮った覚悟「嘘を一切つかないこと」
君塚良一、3.11の遺体安置所を撮った覚悟「嘘を一切つかないこと」(2013年2月21日 15:30)

『踊る大捜査線』シリーズなど、数多くのヒット作の脚本を手がけ、『容疑者 室井慎次』 (05)や『誰も守ってくれない』(09)で監督としてメガホンも取ってきた君塚…

フォトギャラリー

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 遺体 明日への十日間