武蔵野線の姉妹|MOVIE WALKER PRESS
MENU

武蔵野線の姉妹

2012年11月17日公開,91分
  • 上映館を探す

ユキヲ原作の同名コミックを実写映画化。ロリータファッションに身を包み、怠惰な生活を送るセレブニート姉妹の姿を描くコメディ。出演は、「レッド・ティアーズ」の加藤夏希、AKB48メンバーの仲谷明香と中田ちさと、「霊界の扉 ストリートビュー」の日和佑貴。監督は、「口裂け女 リターンズ」の山本淳一。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

セレブ美少女姉妹の緑川蘭子・通称“ラン”(加藤夏希)と、妹のひかる・通称“パンドラ”(仲谷明香)は、埼玉県某市、武蔵野線の沿線に建つ高級マンションに暮らしている。ランは小学生のころから始めた株で巨万の富を蓄え、明晰な頭脳を持ちながら働くこともせず、毎夜オンラインゲームのチャットにハマっている。パンドラはBL漫画が好きで、姉の面倒を見ている。2人は趣味のロリータファッションに身を包み、怠惰に過ごしながら、秋葉原や渋谷に繰り出す日々を過ごしていた。しかしパンドラはそんな暮らしに疑問を感じ、秋葉原のメイドカフェ『姫武者』で働くことを決意する。働くことを罪と考えるランは血相を変え、彼氏の存在まで疑うが、パンドラの心は揺らがなかった。パンドラは、店長の宗方(日和佑貴)や先輩メイド・しずる(小松彩夏)のアドバイスを受け、徐々にメイドという仕事に慣れていく。ひとりで部屋にいても退屈なランは、客として姫武者を訪れる。パンドラのイキイキとした様子を見たランは、戸惑いと反発を覚える。ある日、絶大な人気を誇るネットアイドル・英由良(中田ちさと)が名古屋から上京し、姫武者で働き始める。彼女の猫かぶりの性格が合わないランは由良と何かとぶつかるが、由良の人気で店は大繁盛する。ところがその裏で、秋葉原の存亡に関わる恐るべき陰謀が進行していた……。

作品データ

製作年
2012年
製作国
日本
配給
アイエス・フィールド
上映時間
91分

[c]2012 Yukiwo・フレックスコミックス/「武蔵野線の姉妹」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

5.0

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?