TOP > 映画作品を探す > Heart Beat ハートビート

予告編を見る
Heart Beat ハートビートの画像

「マイ・バック・ページ」の石橋杏奈主演で、それぞれに悩みを抱えながらも、バスケットボールで全国大会を目指す高校生たちの青春を描く。3か月の特訓を経て撮影に臨んだ競技シーンは見どころ。共演は「青春Hシリーズ 先生、おなか痛いです」の飯島英幸、「スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団」の斉藤慶太

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
2

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

佳代(石橋杏奈)と浩二(飯島英幸)、勇太(斉藤慶太)は同じ高校に通う幼なじみ。ともにバスケットボールの全国大会出場を夢見ていた。しかし、チームは連敗に次ぐ連敗。チームの雰囲気も負けに慣れてしまっていた。そんな中、佳代が浩二や勇太を始めとしたチームメイト、さらには顧問の先生にすら事情を告げないまま退部してしまう。それは、退院したばかりのアルコール依存症の母(いしのようこ)と暮らすためだった。佳代の退部でさらにやる気を失いながらも、浩二と勇太は、チームメイトの一平や祐也(來河侑希)、透とともに、エース道池の率いる強豪・茅ヶ崎東との交流戦に向けて練習に励んでいた。熱く盛り上がってゆくバスケ部に戻りたいと思いつつも、母を救いたいという気持ちとの間で揺れ動く佳代。気丈に振る舞う彼女に、性同一性障害のクラスメイト、みなみが思いを寄せる。浩二と勇太の佳代に対する想い、みなみの佳代への想い、佳代の母親への想い、部員たちのバスケットへの想い……。それぞれの想いが交錯したまま、運命の日、交流戦を迎える……。

作品データ

製作年 2012年
製作国 日本
配給 アークエンタテインメント
上映時間 102
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 浅沼直也
脚本 浅沼直也
製作 竹田津誠之川村英己
プロデューサー 楠智晴丸山恵子
撮影 大高正広曽根剛
照明 内木隆雅
録音 廣木邦人
美術 渡邉利枝
ヘアメイク 横溝純奈
助監督 西貴人
音楽 眞鍋昭大小島瞬
監督補 伊藤拓也
編集 伊藤拓也
脚本協力 伊藤拓也
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/15更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > Heart Beat ハートビート