ペコロスの母に会いに行く|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ペコロスの母に会いに行く

2013年11月16日公開,113分

岡野雄一のエッセイ漫画を原作に「ニワトリはハダシだ」の森崎東監督が映画化。認知症の母親とその息子のおかしくも切ない日常を綴る。出演は「川の底からこんにちは」の岩松了、TVドラマ『渡る世間は鬼ばかり』の赤木春恵、「長い散歩」の原田貴和子、「はじまりのみち」の加瀬亮、「ソウル・フラワー・トレイン」の大和田健介。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

長崎生まれの団塊世代、岡野ゆういち(岩松了)は、漫画を描いたり音楽活動をしたりと趣味にうつつを抜かし、仕事に身が入らないダメサラリーマン。小さいたまねぎ“ペコロス”に似たハゲ頭のゆういちは、今日もライヴハウスでオリジナルソングを歌い上げて悦に入っている。そんなゆういちの母・みつえ(赤木春恵)の認知症が始まったのは、夫のさとるが亡くなった頃からだった。それから10年、ある時はさとるのために酒を買いに出たところを孫のまさき(大和田健介)に見つけられて連れ戻され、またある時はゆういちが帰ってくるのを駐車場で待ち続けて危うく轢かれそうになった。さらに、箪笥の引き出しから汚れた下着が大量に出てきたこともある。ケアマネージャーに勧められたゆういちは、悩みながらも、みつえを介護施設に預けることにする。そこは老人たちが皆で歌を合唱するような明るい雰囲気のグループホームだった。女学生時代に戻って恋をしているらしいまつ、誰にでもアメをねだるユリ、隙あらば美人介護士の胸を揉む洋次郎など、個性豊かな面々がみつえを歓迎する。しかし、みつえは「“ふせ”(当て布をして繕うこと)ばせんといかん」と部屋にこもり、他の人の目には見えない縫い物をし続けるのだった。みつえは10人きょうだいの長女として育った。畑仕事でボロボロになった弟や妹たちの服を毎日縫うのがみつえの仕事。結婚後もさとるが給料の全てを酒に使ってしまい、さとるの背広やゆういちたち子供の服は“ふせ”だらけとなっていた。そんな中、みつえの記憶は少しずつ過去へ遡っていく。ある日、みつえは、さとるや幼なじみのちえこ、8歳で亡くなった妹のたかよが会いに来たとゆういちに語る。ゆういちは「ボケるとも悪かことばかりじゃなかかもな」と思い始めるのだった……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2013年
製作国
日本
配給
東風
上映時間
113分

[c]2012「ペコロスの母に会いに行く」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.2
  • お水汲み当番

    2
    2020/7/29

    私は、主人公ほかの登場人物すべてに対し、生理的に好感を持つことができなかったため、この映画を楽しむことはまったくできませんでしたが、介護の世界ってのは、こんなものなのかな、と、一端をかいま見ることができた点は唯一の収穫かも知れません。

    それにしても竹中の過剰演技は不快の極みでした。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • KI-ki

    4
    2014/4/4

    可愛い漫画から始まって、日本のよくある生活風景が映し出される
    映像がとても丁寧
    何処で止めても絵になる写真とゆうか
    こうゆう処ってやっぱり映画ですよね
    笑いいっぱい
    切なさいっぱい
    そして愛がいっぱい
    すべてを忘れても、愛は感じれる
    きっと愛する人達にまた逢える
    愛に包まれたハッピィエンド
    これはシャッターチャンス!
    あたたかい余韻…

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • えこう

    5
    2014/3/12

    岡野雄一による同名のエッセイ漫画が原作という。
    なかなか地方の劇場では公開されなかった作品でしたが、
    一日限りの上映会がありまして鑑賞する機会を得られました。

    物語は痴呆症を患う母、みつえと息子のゆういちと
    時にはかんしゃく玉を飛ばしながらの悪戦苦闘の日々を
    笑いあり涙ありのヒューマンなドラマ風に描かれていく。

    母、みつえ役の赤木春恵さんがかわいいです。
    ほんとに呆けゆく老人の姿を実にリアルに愛おしく演じていらっ

    しゃいました。
    それに岩松了さんの愛嬌たつぷりな演技も絶妙。

    早かれ遅かれ私たちも必ず衰えていきます。

    その形こそ差はあるけれど、このみつえさんは痴呆という形で老

    けていかれました。
    そんな老いの姿を美しく時には愛おしく見せてくれました。
    老いゆく者を身内に抱えている人にとっては良き指針にもなりま

    す。

    いつかは我が身も行く姿と思えば、みつえさんを見ていても、怒

    れないですね。
    それにしても、みっえ役の赤木さんの好演が光ります。
    それを支える岩松さんにもグッと温かいものが頬を伝います。
    時には漫画も描きながらユーモアたっぷりの演出に
    ほろりとさせられました。

    挟まれる戦中戦後の思い出も臨場感たっぷりに描かれていました
    最後は亡き夫であったり幼なじみのちえこであったり、再会する

    シーンも素敵でした。

    長崎の美しい風景も魅力的。作品にしっかりマッチしていました


    うーん 老いは美しい!
    そう思わせてくれた作品でした。
    介護している人、今後介護しようとする人にも参考になる映画で

    しょうね。
    このゆういちのように笑顔いっぱいに老い=介護と向き合ってい

    きたいです。

    私の母は呆けてはいませんが、足が弱り寝たきり状態。
    そんな者を家族に持っている私にとっては
    すごく考えさせられました。
    老介護はこうありたい、そんなお手本になる映画でした。

    いい映画を見せていただきました。
    高齢化社会の今、ぜひ多くの人に見ていただきたいそんな作品で

    す。

    最後に数多くある映画の中で今作を上映していだけたスタッフに

    感謝です!!

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告