映画-Movie Walker > 作品を探す > 戦場よ永遠に

日本人家庭に育てられた白人兵士を主人公に“サイパン玉砕”を題材にしたヒューマニズム戦争映画。ジル・ダウドとテッド・シャードマンの脚本を、「無警察地帯」のフィル・カールソンが監督した撮影は「戦略爆破舞台」のバーネット・ガフィイ、音楽は「影なき恐怖」のライス・スティーブンス。出演は主人公に「バファロー大隊」のジェフリー・ハンターがふんするほか(幼年時代は「宇宙への冒険」のリチャード・アイアー)、TVスター、デイビッド・ジャンセン、「艦隊は踊る」のヴィク・ダモン、「ゴーストタウンの決斗」のパトリシア・オウエンス、「戦場にかける橋」の早川雪洲青木鶴子、高美以子ら。沖縄でロケが行われた。製作アーヴィング・H・レヴィン

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

真珠湾攻撃による日米開戦でロスアンゼルスの日本人街の人々は敵性国人隔離収容所に入れられた。ウメ一家も同様だ。養子のガイ(ジェフリー・ハンター)を除いては。ガイは父が鉄道員で、母は病気、孤児同前だった。ウメ(青木鶴子)に引取られ、息子たちと同様に育てらたのだ。日本語にも日本の風習にもなじんだ。ガイは隣家の娘エスター(高美以子)とも引き離された。戦争は激化し、若者たちは続々、召集されていった。ガイも海兵隊に入った。日本語ができるというので、シュウェイブ大尉の情報部に配属された。ビルやピーテ、レオナード曹長らと戦友になった。ペンドルトン基地の訓練をおえ、ハワイを経てサイパン上陸作戦に参加することになった。ハワイの最後の夜、ガイはピーテらと、美しい記者シェイラ(パトリシア・オウエンス)や2人の日系女性と過した。サイパン上陸作戦は激烈だった。日本軍を憎む者がふえたが、ガイは育ての親のウメ一家に対する気持ちを捨てきれず、日本軍に銃を向ける気にもなれなかった。が、米軍は次第に日本軍を追いつめた。ガイの目の前で、母親が子供を連れて崖から飛び降りて死んだ。日本兵は夜襲をかけてき、死んでいった。玉砕戦法である。ガイはそれらの死がムダに見えてならなかった。ある夜、ガイはキャンプを抜け出、敵陣に忍びこんだ。達者な日本語で降伏を呼びかけた。その説得で松井将軍(早川雪洲)ら800人近い日本兵が降伏した。が、連行の途中、彼らの幾人かがガイに襲いかかった。ガイはやむなく相手を射殺した。――将軍の勇気ある降伏が他に犠牲者を出さしめず、戦闘は終った。ガイはシルバー・スター賞をもらった。海兵隊はテニヤンに向った。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Hell to Eternity
製作年 1960年
製作国 アメリカ
配給 日本アライド・アーチスツ
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 戦場よ永遠に