TOP > 映画作品を探す > 高地戦

予告編を見る
高地戦の画像

朝鮮戦争の激戦地を舞台に、停戦協定成立から発効までの12時間に行われた最後の戦闘に参加した兵士たちの姿を描いた戦争映画。韓国国内では大ヒットし、高評価を得た。出演は「トンマッコルへようこそ」のシン・ハギュン、「白夜行 白い闇の中を歩く」のコ・ス。監督は「義兄弟 SECRET REUNION」のチャン・フン

4/5
総評価数 25
レビュー 1
投票 24
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (12)
星4つ 25% (9)
星3つ 25% (2)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (1)
見たい映画に
登録した人
40

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1953年冬。南北朝鮮の戦争が泥沼化する中、板門店では2年前に始まった停戦協議が難航し、アメリカと北朝鮮、中国の三者が南北境界の線引きを巡って火花を散らしていた。そんな中、自分の任務に嫌気を覚えた韓国軍防諜隊中尉カン・ウンピョ(シン・ハギュン)は、公然と軍の方針に異を唱えて最前線である東部戦線への調査着任を命じられる。激戦地のひとつ、エロック高地で戦死した中隊長の死体から、味方の弾丸が発見されたのだ。敵軍の内通者がいると見られるのはワニ中隊。そこに、戦死したと思っていた友人、キム・スヒョク(コ・ス)がいることを知ったウンピョの脳裏に、ある記憶が蘇る。開戦直後の1950年6月末。ウンピョ率いる小隊は北朝鮮軍の捕虜となる。震えながら神に祈るスヒョクを励ますウンピョ。死を覚悟した小隊に向かって、敵軍の隊長は“この戦争は1週間で終わる。故郷に隠れて、終戦後に祖国再建に務めろ”と告げ、ウンピョは釈放される。だが、負傷したスヒョクは傷の手当てのためにと、北朝鮮軍に連れ去られたのだった。再び1953年冬。小雪の舞う高地。ウンピョは名声からかけ離れたワニ中隊の姿に驚く。臨時中隊長として部隊を率いていたのは、まだ20歳になったばかりの青年大尉シン・イリョン(イ・ジェフン)。2年間で二等兵から中尉に特進したスヒョクは、ワニ中隊の実質的リーダーになっていた。前中隊長の死の謎も解けないまま、高地を奪い合う戦闘が果てしなく続く。さらに、ワニ中隊が“2秒”と呼んで恐れる凄腕の狙撃手など、様々な敵との戦いを経て、ウンピョは彼らが経験した戦場の真実を学んでゆく。そして迎えた7月27日。板門店で停戦協定が成立。だが、午前10時に成立したその停戦協定の発効は12時間後。午後10時時点での最前線が軍事境界線となることから、停戦が決まったにもかかわらず、ワニ中隊には最後の出撃命令が下される……。

作品データ

原題 고지전
製作年 2011年
製作国 韓国
配給 ツイン(協力 パラマウント ジャパン)
上映時間 133
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

カン・ウンピョ中尉 シン・ハギュン
キム・スヒョク中尉 コ・ス
シン・イリョン大尉 イ・ジェフン
オ・ギヨン軍曹 リュ・スンス
ヤン・ヒョサム曹長 コ・チャンソク
ナム・ソンシク二等兵 イ・デヴィッド
ユ・ジェホ新中隊長 チョ・ジヌン
イ・サンオク チョン・インギ
ファン・ソンチル パク・ヨンソ
ヒョン・ジョンユン中隊長 リュ・スンリョン
チャ・テギョン狙撃手 キム・オクビン
チョン・グックァン
チェ・ジョンウ
キム・ガンイル
ホン・ヨングン
イ・スンウォン

レビュー

戦争の無惨さを描いてこれ以上の映画があるか

投稿者:すすむA

(投稿日:2013/2/9)

優れた韓国映画が共有するのは、「乾いた哄笑」だと以前に書いた…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/13更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 高地戦