舟を編む|MOVIE WALKER PRESS
MENU

舟を編む

2013年4月13日公開,133分
  • 上映館を探す

2012年度の本屋大賞で第1位に輝いた、三浦しをんの同名ベストセラーを松田龍平&宮崎あおいの主演で映画化したヒューマンドラマ。15年の歳月をかけて、24万語収録の一冊の辞書を作り上げていく主人公と、老若男女揃った個性豊かな辞書編集部の仲間たちの姿を丁寧に描き出す。監督は『ハラがコレなんで』の石井裕也。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

出版社の営業部に勤める馬締はまじめかつ不器用で、周囲からは変人扱いされている。だが、人とは違う視点で言葉をとらえる能力を買われ、辞書編集部にスカウトされる。そこには、定年間近のベテラン編集者から、女性誌から異動してきた若い女性編集者まで、世代も性別も異なるが、辞書作りに情熱を注ぐ面々が集まっていた。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2013年
製作国
日本
配給
松竹=アスミック・エース
上映時間
133分

[c]2013「舟を編む」製作委員会 [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

4.0
  • お水汲み当番

    2
    2020/7/29

    人付き合いがすごく下手な主人公が、辞書の編纂を天職と感じる話です。

    残念ながら、変人を演じる松田龍平の演技に感情を移入できなかった時点で、私には「ムリ・ムリ・ムリ」でした。

    きっと辞書編纂って、大変なんでしょう。
    この映画で触れられているのはその「大変さの何分の一」にも満たないことだろうと思います。
    しかし、それならそれで、もっと感情移入をやりやすい主人公のキャラを建てて貰いたかったです。

    変人が偏屈な作業を続ける話。
    そういえば中国の故事にもありますね。「愚公、山を移す」ってのが。
    そういうのに感動できる人にはお勧めですが、私にはとてもムリでした。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • yoshi

    4
    2014/10/13

    見る前は文芸作品だと思っていた。しかし冒頭のシーンで「ああこれはおもしろくなるなあ」と予感させる、ものすごくわかりやすい娯楽作品だった。ダメ人間が自分の居場所を得てサクセスするというよくあるパターンだが、キャストの魅力、やりとりのおかしさ、淡々とした演出の妙で最後まで楽しめた。脇役陣も良かったが、やはり松田龍平と宮崎あおいかな。自分のハマリどころはコミュニケーション能力をつけようとオダギリジョー演じる西岡に背後から走り寄っていく松田龍平。走り方、背後から両手で西岡の腕をつかむ動きに吹き出してしまった。また宮崎あおいは不安げで少し困ったような表情と目が印象的だった。

    贅沢を言うならば、辞書を完成させるくだりや加藤剛演じる松本先生の事についてはもっと淡々と描いてもよかった。

    ちなみに麻生久美子が本人役で出ています。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • じゅりえっと ♪

    1
    2014/10/13

    お嬢が見たいって言うから借りてみた。
    途中寝てもぉ~た!お嬢も寝てもぉ~た。
    淡々と話が進んでいくのは好きだけど
    なんか…どうなんだ?
    日本アカデミー賞とかにかかわってるよね?
    作品賞?松田龍平?
    アタシにはなんか退屈な世界でございました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告