映画 妖怪人間ベム|MOVIE WALKER PRESS
MENU

映画 妖怪人間ベム

2012年12月15日公開,124分
  • 上映館を探す

“はやく人間になりたい!” 醜い姿で生まれ、人間になりたいと願いながら、悪と戦う3人の妖怪人間の姿を描いた、1960年代の人気アニメをKAT-TUNの亀梨和也主演で実写化したドラマの劇場版。人間とのふれあいを通し、より人間になることを望む彼らの前に最強の敵が現れる。亀梨以外にも、ドラマ版のキャストが引き続き出演。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

醜い体に正義の心を持ち、人間になることを望む妖怪人間のベム、ベラ、ベロ。彼らは同じくして生まれた“名前の無い男”との戦いを通し、人間になるより、人間を守って生きていくことを選んだ。あてのない旅を続ける彼らは新たな街にたどりつく。だが、そこで謎の怪事件が発生。事件の真相を追う彼らの前に最強の敵が現れる。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2012年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
124分

[c]ADK/2012「映画 妖怪人間ベム」製作委員会 [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

3.5
  • junjun

    3
    2017/11/20

    福くん可愛い(*’ω’*)
    凄く幼くて可愛かったです

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • たっかん

    1
    2017/5/28

    子供の頃TVアニメを見ていたが、妖怪人間の手の指は3本だろ、という感じ。

    あの名作アニメが、なんかスマート過ぎる気がした。

    物語に冗長な場面が多く、女の子の運動会シーンなんて長過ぎる。

    また、石橋杏奈が出演しているとのことなので登場シーンを気にしていたら、登場シーンは2場面であったが、最初の場面は画面手前のオヤジが邪魔。

    まぁまぁ頑張った方かも知れない。

    <映倫No.119387>

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 刹那

    2
    2015/1/12

    元のアニメを観た事があるのもあって、かなり人間的な外観でやってたんだなと少々違和感も感じましたが、変身シーンは妖怪人間らしさが出て居て何とか観られた作品です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告