映画-Movie Walker > 作品を探す > 盗聴犯 死のインサイダー取引

盗聴犯 死のインサイダー取引の画像

捜査中に知ったインサイダー情報によって株を購入したことから、さらなる事件に巻き込まれていく刑事たちの姿を描くサスペンス。監督・脚本は「インファナル・アフェア」シリーズのアラン・マックフェリックス・チョン。出演は「MAD探偵 7人の容疑者」のラウ・チンワン、「アクシデント」のルイス・クー、「新宿インシデント」のダニエル・ウー

4/5
総評価数 4
レビュー 0
投票 4
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (3)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

香港警察情報課の刑事、ジョン(ラウ・チンワン)、ヨン(ルイス・クー)、マックス(ダニエル・ウー)たちは、不正株取引の疑いがある企業とその社長ローを、盗聴器やカメラを使い監視を続けていた。ある日、捜査中にローが呟いた株価が上がるというインサイダー情報を知ったヨンとマックスは、警察官でありながらも欲望に負け、証券会社へと向かい株を購入。ジョンはそれを阻止しようとするが時すでに遅し……二人の犯罪行為へと加担する結果となってしまう。だが金の誘惑に負けたヨンとマックスには已む得ぬ事情があった。子沢山のヨンは息子の病気とともに自らが末期ガンである事を知り、家族に金を残そうとしていた。マックスは大富豪の娘である婚約者の義父から、収入や格差を感じさせられ常にコンプレックスを感じ、見返したいと思っていた。そして正義との狭間でゆれるジョンにも、人には言えぬ悩みがあった。人妻のマンディ(チャン・ジンチュー)と不倫中の彼は、その夫であるグォン(アレックス・フォン)から相談を受けていた。彼はジョンの親友でもあり、彼らの上司でもあったのだ。三人は、情報を隠蔽しすべてを騙しきる事を決意するが、彼らを待ち受けていたのは壮絶な地獄への道のりだった……。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

原題 竊聽風雲
製作年 2009年
製作国 香港
配給 ツイン
上映時間 100
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 アラン・マック 、 フェリックス・チョン

キャスト

ラウ・チンワン
ダニエル・ウー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD
劇場版おっさんずラブ

男性同士のピュアな恋模様を描いた人気TVドラマ「おっさんずラブ」のその後の物語

台風家族
台風家族

草なぎ剛主演で10年ぶりに集まった兄弟たちが繰り広げるある真夏の1日の騒動を描く

人間失格 太宰治と3人の女たち
人間失格

小栗旬が太宰治を演じ、小説「人間失格」誕生にまつわる物語を蜷川実花監督で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 盗聴犯 死のインサイダー取引