映画-Movie Walker > 作品を探す > ストロベリーナイト > レビュー

投稿レビュー(30件)ストロベリーナイトは星3つ

ドラマは見てなかった (投稿日:2015年8月2日)

かなり面白かったな

ドラマを見ていないから
無理に感じた場面もあったが
それは仕方がないだろう。

テレビの影響ない分
監督の演出力を感じた。

かなり引きつけられたな(^o^)/ »ガイドライン違反報告

投稿:エイジ

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

映画にするほど?^^; (投稿日:2014年5月7日)

ドラマからずっと見てたんですけど、
キャストはこれでもか!ってくらい
豪華ですよ?
なんですけどね…
果たして、映画にするほどの
ものだったのか?
少々疑問ですねσ(^_^;)←いや、かなり?笑
でもなんだか、
最近のドラマ→映画っていう流れ、
好きになれませんね~(>_<)
それは置いといて。笑
大沢たかお、かっこよかったですね( ^ω^ )
紳士だったし、色気もあったし♡
これ見てしばらくフィーバーでしたもん笑
でも、絶対菊田(西島秀俊さん)の方が
いいのにな~☆彡って思う。
西島さんもこういう役が私的には
一番合ってるような気がするんだけどな^^;
しかし、インビジブルレインって
だけあって、ほとんど雨でしたねー。
撮影大変だっただろうね(・_・; »ガイドライン違反報告

投稿:junjun

評価:2
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

刑事とヤクザの濡れ場に疑問? (投稿日:2014年2月13日)

全体を通して、まぁまぁ飽きない展開であったが、殺し方がグロいあたりは嫌な感じ。

意味不明だったのが、姫川刑事(竹内結子)とヤクザ(大沢たかお)のカーセックス場面。この濡れ場、必然性が全く無く、「何故、こんなシーンを入れたのか?」疑問である。 »ガイドライン違反報告

投稿:たっかん

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

最高 (投稿日:2013年9月23日)

最高すぎました。泣きすぎました。
絶対観るべき!もう最高すぎて3回みちゃいました!
もちろんドラマは当たり前のように全部みました。
姫川班復活を心から期待 »ガイドライン違反報告

投稿:しおり

評価:5
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

最後? (投稿日:2013年9月14日)

原作未読組です、テレビシリーズは観ました。これも映画では無くテレビシリーズで観たかった!複雑な事件、姫川の心の闇、多彩な登場人物を簡潔にまとめていたと思いますが、すべてを表現しきるには2時間越えの尺でも消化不良ぎみです。今回は特に和田捜査一課長の苦悩ももっと観たかった!日下やガンテツは言わずもがなです、残念!(最後、牧田はなぜ××されたかがよく分からないのも説明不足だと思います。)ですがテレビシリーズの雰囲気そのままの映画化はファンとしては好ましかった。姫川班、これで最後なんてもったいない!是非シーズン2をお願いしたいものです。姫川のキリリとした眼が観られなくなるのは残念ですから »ガイドライン違反報告

投稿:ナオ団長

評価:5
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

多少、詰めが甘くてもドラマファンには・・ (投稿日:2013年3月31日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

完成披露で初めて、その後劇場で2回の計3回鑑賞しました。

冒頭の柳井健斗の慟哭・牧田の過去・玲子さんの昔の傷がない交ぜになって胸に迫ってきては突き刺さり、何回観てもツラかった・・。
そこに大好きな林ゆうきさんの音楽も加わり、映像・内容含め完璧な映画でした。

ただ初見では原作は未読で、あえて読み終えてから2回目に臨んだのですが、原作のイメージだと牧田はもっと包容力があり人間味がある年の離れた役者さん(私的には佐藤浩市さんとか??)が良いんじゃないかと思ったのですが、でもそれだと映画版の菊田とキャラが若干被るので、対比がうまく成立しないんだよなとか色々思いつつ、原作は読み終わりました。

そんな思いも残しつつ2回目を観ると、原作とは別物だと割り切れば、大沢さん演じる牧田も妙に納得出来て、こういう鋭い牧田もありなんだなと思えました。
何より、2回目の大沢さん牧田がカッコよく見えちゃってびっくりです、不思議ですね。

SP&ドラマにかなりハマり、西島さんにキャーというわけではなく、竹内結子さん演じる姫川玲子というキャラクターに同じ女性として魅かれるものが大きくて、このシリーズが大好きになりました。

玲子さんと同じ体験はもちろんしたコトはないケド、女として色々と共感出来る部分が大きすぎて、日々男性と対等に、強く生きていこうとするカッコ良さに本当に憧れます。

特に、劇中で『ぜっったい、乗り越えてみせる!』と菊田にツラそうに吐き出すように言うところが、観ていて号泣でした。。

その場面での、そう言われた菊田の表情が【ああ、この人とは生きる道が違うんだ・・】というニュアンスの、ハッと気付く表情がこの先の2人に交わる道はないんだなと思い知らされてまたツラかった、、

いつか、玲子さんには幸せな結末が待ってほしい!!と願いつつ、シリーズ続編も待っていますm(_ _)m
このドラマを通して、竹内結子さんも大好きになりました♪♪

2回目で初めて気付いたシーンも多く(その菊田の表情のシーンや、記者会見での和田さんが記者に前もって話題を振るように仕向けていたところ、その後の記者の項を垂れる姿など)
3回目では、役者陣の表情だけで語ろうとするシーンなど、よくよく観察すると深い内容に気付かされ、最近のテレビドラマの延長映画としてはレベルの高い作品で、及第点をあげても良いくらいではないでしょうか。 »ガイドライン違反報告

投稿:コウ

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

菊田の雨は。 (投稿日:2013年3月29日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

思えばこのドラマ、パイロット版の頃からぜんぶ観ている…^^;
ついこないだのミッドナイト(これはギャグ)まで見てしまった。
今作公開に合わせて、アフター~がドラマ放映されていたので、
そっちを見れば、あ、皆さん無事だったのね?が分かると思う。
(それもどうかとは思うけど)
こういうTVドラマの映画化が著しい昨今、なんでそれが流行?
なのかは分からないけど、せっかく公開するのなら、ドラマ時代
に培った人気(なくても映画化されたりしてますが)を踏襲した
作りにしておかないと、初観は誤解するし、ファンは怒りだすし、
で、あんまりいい結果が出ない。
少なくとも脚本家と監督は揃えておいた方がいいんじゃないかと。
(世界観を大切にするならば。変えるなら別物としてやった方が。)
今作はずっと同じ世界観を保っているので、映画でも変わりなし。
原作を読んではいないので、今回の話が原作のどのあたりで、
これからどうなっていくのか分からないけど、姫川の今後も見たい。

この姫川という顔は美人で髪の毛サラサラ(キレイだわぁ)な警部補。
(これは竹内結子がキャスティングされたおかげね)
まぁ直感がずば抜けていて(そのおかげで)ノンキャリアから大出世。
今回はその姫川班、最大の危機!?が描かれている。
姫川には高校時代の犯罪被害歴があり、それが彼女の人格に大きな
影響を及ぼしているが、周囲の軋轢に負けず、部下の協力に守られ、
玲子ちゃん(生瀬語^^;)は日々の捜査にあたってきた。
部下の中でも菊田(西島くん)への信頼は厚く(お互いに)好意をもって
いるのは明らかなのだが、過去の心傷から姫川は受け入れられない。
なんかこう~、陰鬱な事件がグチャグチャ展開する中で、
唯一ホッとするのがこの二人のやりとりと、おバカな井岡(生瀬)で、
今までは事件の陰にそれ、って感じだったのだが、今回はそっちが
前面に出てくるシーンが多く、何だコレ恋愛ドラマか?ともとれる。
でもって、、、ジャーン!!大沢たかお(「仁」の南方仁)のご登場。
事件解決の陰にこのオトコあり。
あー、こりゃもう三角関係だな(事件はどうした!)となってくる…

今回はさらに姫川の単独捜査が主なので、チームワーク感が少ない。
部下は部下で散々頑張っているんだけど、捜査の核心(真犯人への)が、
割と早い段階で分かってくるので、あとはもう姫川と牧田(大沢)が
どうなるのか、そこから真実がどう暴かれるか…にかかってくる。
どうなんでしょうね、この流れ^^;

姫川の抱える苦悩はどうしようもない(体感はできないけれど)
その闇とひたすら対峙する彼女を見守る周囲には頭が下がるけど、
実際こういった現場でその甘え(ドラマですから)はないだろうなぁ。
あり得ない描写が蔓延る後半、菊田の切ない顔も印象的だけど^^;
あの人通りの多い交差点で(なんであんなところでまた)聞くんだ?と
予告でのクライマックスがそもそもここか!なのは分かるんだけど…
何だかなぁ。あっけなかった感じ。牧田の人格も壊れなかったし。

纏め方にはいろいろ賛否ありそうな展開(和田さんのことも)だけど、
まぁ最後まで緊張感を持って楽しめた。ずーっと雨が降ってるけど…
じゃあ、菊田の雨はいつ上がるんだろう。玲子ちゃん!よろしくね。

(上層部が皆優しくなっていたような^^;エェ!っていうのもあったし) »ガイドライン違反報告

投稿:ひゃん

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

ドラマファンにとっては及第点、という感じです (投稿日:2013年3月8日)

原作が好きで、ドラマもすごく好きでした。
だから観に行ったのだけど、原作やドラマ以上の何かを映画の中に見出すのは難しかった。
多分そうだろうなーというある程度の予測があって、それを超えるものでもそれ以下でもなかったという感じ。

それってはっきり言って1本の映画としてはダメなんでしょうけど、ストロベリーナイトの世界が好きな人には十分楽しめるものだと思います。
菊田(西島)ファンにとってはかなり切ない内容でした。 »ガイドライン違反報告

投稿:harukichi

評価:3
星評価

2人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

どうしてそんなにバッシング?良かったのに・・・・。 (投稿日:2013年2月21日)

まず、フジTVを含めて色々なバッシング。どうして?
あまり期待せずに見たせいか、とっても良かったですけど?

姫川が、刑事なのにヤクザと・・・理解できないというご意見もありましたが。
ドラマ初めから見ていれば、姫川を本当の意味で理解できたのは、牧田だけだったのでは?という結論に達すると思います。
なぜ姫川が刑事という職を選び、男勝りに仕事をしてきたか、未だ昔の出来事が時折記憶を翳め、家族と上手く付き合えない・・・・。
たとえどんなに、菊田を信頼し、菊田が姫川を想っても、越えられないものがある。
そんな、姫川を理解できるのは、牧田だった・・・・。そんな結論ではないでしょうか?
ドラマ当初からのひとつのテーマが映画をもって完結したのだと 私的には解釈したのですが・・・。

ただ日下さんて、あんなに姫川に優しかった?
勝又主任ももっと姫川に冷たかったですよね?
その辺りが、ちょっと???という感じではありますが、そこに話が流れても困るので、普通のイザコザの無い人間関係にしてしまったのでしょうが、ドラマとは違うので何だか違和感が・・・。
その違和感が マイナス1。

竹内結子さんは、あまり得意な女優さんではありませんが、姫川玲子役はとても良いと思います。
あと、グロイ映像がある中で、井岡の「玲子ちゃ~ん!」は必要なのだと、改めて思いました(笑)
»ガイドライン違反報告

投稿:Q10

評価:4
星評価

3人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

重かったです★ (投稿日:2013年2月17日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

ストロベリーナイトはテレビドラマの時からずっと見ていました!
やっぱり映画となると話の重さが倍増で見終わった後もなんだか気分がどよんと引きずりました★
登場人物の切なさがみんな濃くて↓↓姫川班の集まるシーンが癒しでホッと出来る場面でした♪
見守る感じがたまらない日下守さんとゆいつ笑えるシーンになる井岡さんと今回はなんだか優しく感じた勝俣さん達も良かったです☆

菊田さん幸せになってほしいです!!かっこ良かったです! »ガイドライン違反報告

投稿:メグ具

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

ジョン・ウィック:パラベラム
ジョン・ウィック:パラベラム

最強の殺し屋の壮絶な復讐劇を描いたキアヌ・リーブス主演のアクションシリーズ第3弾

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ストロベリーナイト > レビュー