映画-Movie Walker > 作品を探す > つるしびな

監督は、本作品がデビュー作となる大和優雅。<つるしびな><夫婦杉><小ネギ><箟峯寺>など、彼自身が生まれ育った宮城県涌谷町の風景を題材に、自らが脚本も手掛けた。インディペンデント作品として制作されたこの作品は、スタッフ・キャストの一人一人が大和監督の熱烈なラブコールに応じる形で撮影に参加。2012年5月12日より仙台、桜井薬局セントラルホールにて公開。2012年10月12日より、広島県尾道市・福山市にて開催された「お蔵出し映画祭2012」にて上映。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

宮城県の東北部に位置する小さな町、涌谷町。小ネギ農家を営む初老の農夫・勇雄は、自らの死期が迫っていることを感じていた。16年前に最愛の妻・志津を亡くして以来、男手ひとつで育てた愛娘・桃子は、5年前に家を飛び出したきり、絶縁状態のままだ。一方桃子は、仙台の町で幼い娘と二人、肩を寄せ合い暮らしていた。看護師として働きながらの育児の日々に、桃子は疲れ始めている。シングルマザーの道を選んだ自分を許すことなく、勘当を言い渡した父に意地を張り通した5年間だった。そんな父と娘にとって、3月3日は志津の命日であり、桃子の誕生日でもある、特別な日だ。父は独り、妻の形見である「つるしびな」を自宅に飾り、娘もまた母の手作りの「桃のつるしびな」を手に取り、幸せだった頃の家族に思いを募らせる。再び娘を抱きしめることなく、父はこのまま病に倒れてしまうのか。そして志津の17回忌の日。桃子と勇雄の前に、ある奇跡が訪れる・・・。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 2010年
製作国 日本
上映時間 79
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 大和優雅
プロデューサー 宮内貴子
脚本 大和優雅
撮影 鈴木隆光
録音 深澤明山本祥祐
助監督 阿部雅和植木美帆
照明 村岡勇治
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > つるしびな