映画-Movie Walker > 作品を探す > ゾンビ革命 フアン・オブ・ザ・デッド

予告編を見る
ゾンビ革命 フアン・オブ・ザ・デッドの画像

ポルト国際映画祭主演男優・脚本賞W受賞を始め、各国で賞を獲得したキューバ発のゾンビ・コメディ。突如ゾンビが大増殖したキューバの町で、ゾンビを倒して金儲けを計画する40歳男の奮闘を描く。監督・脚本は、キューバで脚本家として活躍してきたアレハンドロ・ブルゲス。出演は「カルメン(2002)」のアントニオ・デチェントほか。

3/5
総評価数 9
レビュー 0
投票 9
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (3)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (5)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

40歳のフアン(アレクシス・ディアス・デ・ビジェガス)は、人生の大半をキューバで何もせずに過ごしてきた。いつも一緒にいる友人のラサロ(ホルヘ・モリーナ)も、フアンに負けず劣らずの怠け者だ。そんなある日、突然町の人々が凶暴になり、互いを襲い出すという事件が発生。当初、フアンは新たな革命が起こったのだと考えるが、彼らが人間ではなく、簡単に殺せるような相手ではないことに気付く。一度噛まれたものは同じく凶暴な殺人鬼へと化し、息の根を止めるには脳に致命傷を与えるしかない。この状況を乗り切るため、フアンはリーズナブルな料金でゾンビ退治を請け負う“フアン殺人代行社”を立ち上げる。メンバーはラサロと息子のカリフォルニア(アンドロス・ペルゴリーア)、そしてフアンの娘カミーラ(アンドレア・ドゥーロ)ら。しかし、感染者は増大する一方で、やがて彼らの手に負えない状態になっていく。もはや残された者が助かる道は、血肉を貪るゾンビが大増殖したキューバ島から脱出するしかなかった……。

見たい映画に
登録した人
17

作品データ

原題 Juan de los muertos
製作年 2011年
製作国 スペイン キューバ
配給 ファインフィルムズ
上映時間 96
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 アレハンドロ・ブルゲス

キャスト

アレクシス・ディアス・デ・ビジェガス
ホルヘ・モリーナ
アンドレア・ドゥーロ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ゾンビ革命 フアン・オブ・ザ・デッド