映画-Movie Walker > 作品を探す > オードリー

高校生活最後の文化祭を舞台に、友情と恋心で揺れる女子高校生を描く青春映画。監督・脚本・撮影は「ショートヘアーワルツ」の勝又悠。出演は「はい!もしもし大塚薬局ですが」の笠原美香、本作が映画初出演の暮浩平、「冷たい熱帯魚」の梶原ひかり、「精霊夜曲 最も古い首つりの木」の小田島渚、「ちちり」の水野祐樹。

2/5
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

大森優子(笠原美香)は郊外に住む18歳。文化祭を目前に控えた高校3年の秋。同じクラスの石塚絵里(梶原ひかり)と小浜志保(小田島渚)と共に真夜中、校舎の屋上へ忍び込んで、明け方までおしゃべりするのが日課だった。そんな優子は親友の二人にも打ち明けていない、密かな片思いをしている。相手は同じクラスの遠山健太(暮浩平)。普段はまともに話をする機会もないが、優子の視線は常に健太に向いている。どうにか発展させたいと思いながらも踏み出せない恋の悩みを、優子は人気教師で茶道部の顧問・宮本(水野祐樹)だけに相談していた。だがある日、絵里が遠山のことを気になると言い出し、さらには数日後の文化祭で告白すると打ち明けてきた。内心気が気ではないが、口では絵里の恋を応援すると言ってしまう優子。しかも、絵里から「文化祭までの間、遠山と付き合って、彼の好みをリサーチして」ととんでもない頼みごとを持ちかけられる。絵里と志保に押し切られ、優子は思いもよらぬ形で遠山と付き合うことになり、期間限定の恋が始まった。最初はぎこちなかった二人だが、メールをしたり、一緒に学校をさぼったり、初めて手をつないだり……少しずつ本物のカップルのようになってきた。遠山と一緒にいられる幸せを感じつつも、複雑な心境の優子。頼りにしていたはずの宮本にも、「先に自分の気持ちを言い出した石塚の勝ちだ」と言われ落ち込むばかり。ずっとこのままでいられたら、と思っても文化祭は確実に近づいている。何も知らない絵里からも「文化祭までには別れてね」と忠告されてしまう。遠山にも絵里にも本当のことを言い出せないまま、高校生活最後の文化祭は二日後に迫っていた……。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

製作年 2010年
製作国 日本
配給 キュリオスコープ
上映時間 67
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 勝又悠

キャスト

笠原美香
暮浩平
梶原ひかり
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > オードリー