ユニバーサル・ソルジャー 殺戮の黙示録|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ユニバーサル・ソルジャー 殺戮の黙示録

2012年11月3日公開,114分
R18+
  • 上映館を探す

ジャン=クロード・ヴァン・ダム主演のSFアクションシリーズ第4作。前作「ユニバーサル・ソルジャー:リジェネレーション」に続きジョン・ハイアムズが監督を担当。自己を解き放った最強兵士リュックが新世代ユニソルたちを覚醒させ、支配者への反乱を扇動する。共演は「レッド・スコルピオン」のドルフ・ラングレン、「ジャン=クロード・ヴァン・ダム アサシン・ゲーム」のスコット・アドキンス。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ある朝、病院のベッドで目覚めたジョン(スコット・アドキンス)は、瀕死の重傷で9ヶ月間昏睡していたと聞かされる。記憶が混濁しているジョンであったが、家族が武装集団に襲われ、目の前で妻と娘が殺された痛ましい惨劇の光景だけは脳裏に焼きついて離れない。犯人グループのリーダーの顔もはっきりと覚えていたジョンは、FBI捜査官に見せられた写真からそれが元兵士のリュック・デュブロー(ジャン=クロード・ヴァン・ダム)という男だと知り、復讐を誓う。退院したジョンにアイザックと名乗る男から電話が入る。彼は何かに怯え、助けを求めていた。ジョンはアイザックのアパートへ急行するが、すでにアイザックは何者かによって殺害され、彼のICレコーダーには“ユニバーサル・ソルジャー計画”、“培養期間が9ヶ月を切った”といった謎の言葉が残されていた。ジョンはアイザックの部屋にあったマッチを手がかりに“バイオレッツ”というストリップバーへと向かう。ダンサーのサラ(マライヤ・ボナー)から話を聞こうとするが、突如現れた凶暴な男マグナス(アンドレイ・アルロフスキー)が彼らを襲う。マグナスとの死闘の末、サラを連れて逃げたジョンは、彼の過去を知るサラによって事件の核心へ少しずつ近づいていく。やがて、森の中の一軒屋へたどり着いたジョンを待っていたのは、意外な人物であった……。ジョンは、リュック・デュブローが政府によって開発された特殊兵士ユニバーサル・ソルジャーだということを知る。軍のコントロールから脱したリュックは、培養によって生まれた新世代ソルジャーたちを次々と解放し、彼らのリーダーとなっていた。そしてかつてのリュックの宿敵スコット(ドルフ・ラングレン)も今では協力者となり、ユニバーサル・ソルジャーたちの反乱が始まろうとしていた……。

作品データ

原題
Universal Soldier: Day of Reckoning
映倫区分
R18+
製作年
2012年
製作国
アメリカ
配給
日活
上映時間
114分

[c]SPWAG [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.4
  • YO99

    3
    2012/11/8

    ユニソルは一応初回から観てますが・・最初は死体から、要は「ゾンビサイボーグソルジャー」の死闘と言う形でスタートした訳で、リュック(=ヴァン・ダムさん)の自我覚醒から自己確立のために政府組織や軍と孤独な闘いをしてきたはずです。
    本作の主役ユニソル・ジョン(スコットさん)は成体クローンサイボーグ、記憶も人格も人工、政府組織の操り人形でしたがリュックによって覚醒し、作り物の「幸せな記憶」を守るために闘います。
    リュックはユニソル達を解放して政府組織に対抗する軍団を組織し、それにはドルフさんやアンドレイさんも含まれています。
    ジョンは「幸せな記憶」を守るためにリュックを追撃し死闘の末に倒します。更に自分達を操ろうとする政府組織にも闘いを挑んでいきます。
    新旧交代の時期なのは分かりますが、流れが唐突粗雑でグチャグチャ、説明不足で続けて観てきた割には混乱します。アクションにしても、スコットさんの動きは高速ですが直線的パワースタイルで見難く、ヴァン・ダムさんの立体的な破壊技術とは異なる感じです。今回は銃撃戦より刃物や肉弾戦重視でグチャグチャ死体も多めです。
    最後まで難解でスッキリしないユニソルでした。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • クロウ

    5
    2012/11/8

     前作の続編と考えるよりも、一作目の設定をベースにして新しい挑戦をした映画として観るのが正しいのかもしれない。
     R-18で、バイオレンスシーンやエロシーン盛りだくさんです。ヴァン・ダム演じるリュックはもう、凄い事になってますね。
     主演のスコット・アドキンスは、エクスペンダブルズ2でヴァン・ダムの手下役を演じてましたね。
     物語は、主人公・ジョンがリュックに妻子を殺され自信も瀕死の状態にされる。目覚めたジョンは、家族を殺した男を探そうとしたり、曖昧な記憶を探そうとする過程でどんどんと深見へと進んでいくが・・・。

     植えつけられた記憶、作られた記憶でも、頭にある以上、それがウソだと言われても忘れられないのだ。ラストのジョンの悲しさが伺える。

     楽しそうなラングレンにも注目だ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告