TOP > 映画作品を探す > からっぽ(2012)

瞬時に場所を移動する“テレポート”能力を持った孤独な少年が、行き場のない少女と出会い、珍騒動を繰り広げる中で自分を見つめ直してゆく。出演は「告白」の清水尚弥、「20世紀少年<最終章> ぼくらの旗」の平愛梨。学生時代に「Mogera Wogura モゲラウォグラ」を監督した草野翔吾の商業映画デビュー作。

3/5
総評価数 3
レビュー 0
投票 3
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (3)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
9

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

家族も友達もお金も、存在感すらもない高校生・加藤小判(清水尚弥)。彼が持っているものは、ただひとつ。誰からも存在を意識されていない時、本当にその場から存在を消す“テレポート”能力だった。しかし、それはただ場所を移動できるだけでなく、テレポート先では全裸になってしまうというおまけつき。そんな能力が役に立つことはなく、使えば小判の孤独を証明するだけであった。ある日、家を追い出された小判は、誰もいないはずのテレポート先でシーナ(平愛梨)という女性に出会う。家のないシーナは、小判の能力に興味を持ち、それを利用することを思いつく。こうして、帰る場所を失った2人の奇妙な共同生活が始まった。同じ頃、町はにわかに活気づいていた。スーパーの防犯カメラに、“白い河童”が映し出されていたのだ。それはテレポートで全裸になった小判だったのだが、誰1人としてそれに気づくことはなく、話を聞いたまちづくり委員の面々は、“白い河童”に賞金を懸けて町に活気を取り戻そうとするが……。

作品データ

製作年 2012年
製作国 日本
配給 ガフ
上映時間 118
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 草野翔吾
音楽 加藤久貴
主題曲 たま
プロデューサー 石戸生人大坪礼乃草野翔吾
脚本 横川僚平草野翔吾
撮影 井上隆夫
照明 仲西祐介
美術 平井淳郎
録音 山方浩
音響効果 佐藤祥子
スクリプター 矢野千鳥
衣装(デザイン) 篠塚奈美
ヘアメイク 高桑里圭
助監督 伊藤良一
製作担当 野村邦彦
スチール 武耕平
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/4更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > からっぽ(2012)