マリー・アントワネットに別れをつげて|MOVIE WALKER PRESS
MENU

マリー・アントワネットに別れをつげて

2012年12月15日公開,100分
PG12
  • 上映館を探す

フランス革命が勃発し、揺れるベルサイユ宮殿内で、身代わりでギロチン刑を受けるように命ぜられた、宮廷朗読係の少女の運命を描く、衝撃の物語。原作はフランスで最も権威あるフェミナ賞に輝いた、シャンタル・トマのベストセラー小説。マリー・アントワネットを演じるのは『イングロリアス・バスターズ』のダイアン・クルーガー。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1789年7月14日、バスティーユが陥落し、ベルサイユ宮殿にも衝撃が走る。王妃とその寵愛を受けるポリニャック夫人らの名前が載った286名のギロチンリストが発表されたのだ。朗読係のシドニーは、王妃への忠誠を誓うが、王妃からは「ポリニャック夫人の身代わりになるように」と非情な命令が下される。

作品データ

原題
Les adieux à la reine
映倫区分
PG12
製作年
2012年
製作国
フランス スペイン
配給
ギャガ
上映時間
100分

[c]2012 GMT PRODUCTIONS -LES FILMS DU LENDEMAIN -MORENA FILMS - FRANCE 3 CINEMA -EURO MEDIA FRANCE - INVEST IMAGE [c]Carole Bethuel [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.1
  • どすん

    2
    2013/5/11

    近所のシネコンで公開されてたんですが・・・
    見に行けず・・
    そしたら近所の単館系映画館で公開。
    ほな、いこかって感じの乗りです。

    ブノワ・ジャコってのが監督で、過去の作品まったく見たことがありません。
    過去とはいえ・・・2004年がこの前の映画って、10年近く映画撮ってないやん・・・

    フランス映画です。

    舞台はフランス革命が勃発したその日に向かって
    ヴェルサイユ宮殿の王妃に仕える朗読係がみた宮殿の内容です。

    なわけで、フランス革命を市民の側から描いたのではなく
    徐々に追い詰められていく貴族の立場から描いた映画です。

    なわけで、最後はギロチンになっていくんですが。。。。

    1789年ベルサイユ宮殿。
    王妃マリーアントワネットの朗読係シドニーは仕えて5年。
    彼女に恋をし、彼女のそばにいることが幸せであった。
    そんな彼女は、ポリニャック夫人を愛していた。

    7月19日
    バスティーユ牢獄が陥落する。
    ベルサイユの人々はそんなことも知らず生活を送っていた。
    しかし、その情報が徐々に入ってくるにしたがって・・・
    周囲の様子が変化してくる。

    市民は自由を得るために必要な289名のギロチンリストを公開する。
    その中には国王ルイ、マリー・アントワネットの名も存在した。

    名前のある貴族はベルサイユ宮殿から方々へと散っていく。
    マリーアントワネットは最愛のポリニャック夫人を生かすために
    シドニーにあることを命じる。

    彼女の王妃への愛はどこまでその命令を受け入れることができるのか・・・

    マリー・アントワネット映画で行くと・・・
    ソフィア・コッポラ映画の影響が強すぎて・・・
    この映画のマリー像がすさまじすぎて・・・
    この映画よかったしww

    なわけで、ちょっと暗く・・・
    命令を愛だけで受けていく朗読係って・・・
    そんで人を使ってまでもギロチンを逃れる権力者の話はちょっと・・・

    にしてもよく、
    この映画シネコン全国公開されましたねww
    それがびっくりで映画にはがっかり(笑)

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • まこと

    3
    2013/1/26

    TOHOシネマズのフリーパスポートで鑑賞

    前半はヴェルサイユ宮殿の中の様子や宮殿内の人たちの生活や楽しみ方が描かれており、とても興味深いものがあります
    主人公は一人の侍女に過ぎませんが、朗読係という、マリー・アントワネットにかなり近付ける立場でもあります
    フランス革命の様子を侍女という立場から見るのも新鮮ですし、また、王や王妃、貴族などの会話を覗き見できるというw絶妙な設定だと思います
    多少、貴族の生活や行動を風刺してるようにも感じられますねw

    映像的にも美しいですし、全体的に完成度の高い映画だとは思うのですが…後半、思ったほど盛り上がりませんw
    実話に基づいているとはいえ、世界史の中でも特にドラスティックな事件が起きているのですから、盛り上げようと思えば、いくらでもできると思うんですけどねw
    まあ、恐らく、そういう映画にしたかったわけではないのでしょうが…
    正直、僕には、終わり方も含めて物足りないというか、消化不良というか…繊細な心を持った人だと、もっと違う感想を持つのでしょうかw

    主要な登場人物の多くが女性である事も含め、女性の方が共感できる映画だと思います
    男性には、あまりオススメしませんね…特にデートでこういう映画を観ると、男性の方は寝ちゃう危険性がw
    僕などは、恐らくこの映画のクライマックスであろう、主人公と王妃の最後の会話のあたりで、一番激しい眠気に襲われましたww

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 4
    2012/12/26

    私的にはダイアン・クルーガーはマリー・アントワネットのイメージじゃないんです。
    正統派美人過ぎて。

    目線が、王妃に仕えるシドニーの物だから、着飾った貴族たちが時として酷く滑稽よ。
    ギロチンリストに自分の名前を見つけて失神したり、夜逃げしたり・・まとまらない。

    でも、留まる事を決めた王は潔かったよね。逃げ出したいけど、王に従い運命を共にした王妃も。

    フランス革命って、日本の幕末を思い出させます。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告