TOP > 映画作品を探す > へっぽこエスパーなごみ!

へっぽこエスパーなごみ!の画像

ライトノベル『へっぽこSPなごみ!』の舞台を警視庁から学園へ移し、愛媛のご当地アイドルユニット“ひめキュンフルーツ缶”主演で映画化。へっぽこ超能力の持ち主である女子高生たちの活躍を描く。監督は、ドラマ『ブラッディ・マンデイ』の宮下健作。製作総指揮・原作・脚本は、ドラマ『7人の女弁護士』の酒井直行。2012年8月4日より、愛媛県・シネマサンシャイン衣山にて先行公開。

5/5
総評価数 1
レビュー 1
投票 0
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
2

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

愛媛のとある名門私立女子高に集まった8人の転校生には、それぞれ超能力が備わっていた。橘なごみ(岡本真依)は人の心を読み取るテレパスの使い手だが、読み取れるのはたった5文字の表層心理のみ、その上、テレパシーを使うたびに下痢をしてしまう。サイコキネシスの野見山加代子(渡部恵美奈)は手を使わずに物体を動かすことができるが、100グラムの物体をほんの数センチ浮かすだけである。伊集院乃亜(河野穂乃花)は100発100中で未来を予知するが、自分でも意味不明な俳句として予知するので、どんな未来を予知したのか理解できない。三ツ村レナ(奥村真友里)は超能力を持った者を判別するサイコサーチ能力を持っているが、能力を発動させると老化現象を起こすため、その能力を使いたがらない。高階碧(谷尾桜子)は常にサングラスをかけた謎の透視能力者で、邪念や不浄なもの、見たくないものしか見ることができない。大島アリサ(長谷部萌香)は時間移動ができるが、移動できるのは過去にわずか数十秒だけ、しかも能力を発動するには瀕死の重症にならなければならない。神戸ミチル(菊原結里亜)は他人の脳裏に浮かんだ映像を絵で表現できるが、画力が3歳児程度のため何を描いているのかわからない。松前結依子(阿部愛友実)は知能指数170の天才で、手で触れた物体や人の過去を読み取ることができる。しかし、彼女もまた問題を抱えていた。そんなへっぽこエスパーである彼女たちが、校長先生暗殺事件を予知する。校長先生を守ることを決意する8人だったが、実はそのなかに校長先生の命を狙う暗殺者がいた。

作品データ

製作年 2012年
製作国 日本
配給 ティ・ジョイ
上映時間 114
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 宮下健作
製作総指揮 酒井直行
原作 酒井直行
脚本 酒井直行
企画 神野慎一
製作 神野慎一
撮影 加藤純一
照明 太刀掛進
録音 茂木祐介
音楽 井上卓也
音響効果 山田稔
編集 小泉圭司
EED 綿引裕美幸山愛
MA(音声編集) 湯井浩司
美術 矢野みなみ是枝孝志
CGディレクター 落合信人
助監督 宮崎剛
ヘアメイク 山口かな子高岡笑子
スクリプター 樽角みほり
製作担当 星雅晴
キャスティング 入江初美

キャスト

タチバナナゴミ 岡本真依
タチバナジュウゴ 松澤一之
タカシナアオイ 谷尾桜子
イジュウインノア 河野穂乃花
ミツムラレナ 奥村真友里
カンベミチル 菊原結里亜
マツマエユイコ 阿部愛友実
オオシマアリサ 長谷部萌香
ノミヤマカヨコ 渡部恵美奈
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/13更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > へっぽこエスパーなごみ!