映画-Movie Walker > 作品を探す > カノジョは嘘を愛しすぎてる

カノジョは嘘を愛しすぎてるの画像

青木琴美の同名コミックを佐藤健主演で映画化したラブストーリー。元バンドマンのサウンドクリエーターと、バンド好きの女子高生とのせつない愛の行方をつづる。ヒロインの理子を演じるのは、約5000人の中から選ばれた新鋭、大原櫻子。監督は『タイヨウのうた』でデビュー直後のYUIをブレイクさせた小泉徳宏

4/5
[?]評価方法について
総評価数 72
レビュー 18
投票 54
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 62% (18)
星4つ 48% (14)
星3つ 100% (29)
星2つ 34% (10)
星1つ 3% (1)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

同じ高校の同級生だった坂口瞬(三浦翔平)、大野薫(水田航生)、小笠原秋(佐藤健)、矢崎哲平(浅香航大)の4名で結成されたバンド「CRUDE PLAY」は、高校卒業と同時にメジャーデビューを果たすが、デビュー直前で小笠原秋が突如脱退、新メンバーとして1学年下の篠原心也(窪田正孝)が加入し、現在の音楽シーンではトップクラスの人気を誇っている。一方、「CRUDE PLAY」脱退後、サウンドクリエイターとして活躍する秋は、今も彼らへの楽曲提供は続けているものの、ビジネスとしての音楽の世界に嫌気が差し、自分の現状にもつまらなさを感じていた。そんな中、秋は「CRUDE PLAY」の大ファンの女子高生・小枝理子(大原櫻子)に、気まぐれで声を掛ける。秋の正体を知らぬまま、彼の唄う鼻歌に聞き惚れ、秋自身にも一目惚れした理子。秋は、自分の正体を告げぬまま、理子と付き合い始めるのだった……。クラスメイトとバンドを組み、ボーカルとギターを担当している理子は、魅力的な声を持っていた。ある日、「CRUDE PLAY」をデビューさせた音楽プロデューサー・高樹総一郎(反町隆史)が、そんな理子の歌声に惚れ、彼女をスカウトする。やがて理子の夢の実現が近づくにつれ、秋と理子の嘘から始まった恋が大きく動き出していく……。

見たい映画に
登録した人
125

作品データ

製作年 2013年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 117
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 小泉徳宏
製作 石原隆畠中達郎都築伸一郎市川南加太孝明
プロデューサー 土屋健石田和義
原作 青木琴美
脚本 吉田智子小泉徳宏
撮影 柳田裕男
音楽 岩崎太整
音楽プロデューサー 亀田誠治
録音 小宮元
照明 宮尾康史
ビジュアルデザイン 箭内道彦

キャスト

小笠原秋 佐藤健
小枝理子 大原櫻子
坂口瞬 三浦翔平
篠原心也 窪田正孝
大野薫 水田航生
矢崎哲平 浅香航大
長浜美和子 谷村美月
茉莉 相武紗季
高樹総一郎 反町隆史
君嶋祐一 吉沢亮

レビュー

もしかしたら、時代を代表する大女優の誕生を観たのかも知れません。

投稿者:お水汲み当番

(投稿日:2014/02/08)

これは大原櫻子という天才新人女優のすべてを堪能するための映画…

[続きを読む]

支持者:0人

“恋愛モノ”じゃない。"ギョー界人間模様”の映画。

投稿者:門倉カド

(投稿日:2014/02/04)

 恋愛モノとして純粋に楽しむのは、ちょっと厳しいかもです。ス…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > カノジョは嘘を愛しすぎてる