TOP > 上映中の映画作品を探す > セヴィラの毒婦

プリシラ・ディーン嬢のピー・ディー・シー入社第一回作品でH・H・ヴァン・ロ ーン氏の原作に基づき「金魚娘」「アラビアの恋」等を監督したジェローム・ストーム氏が製作者ハント・ストロンバーグ氏と共同監督をしたもので、主役は「ホワイト・タイガー」のプリシラ・ディーン嬢で、相手役は「ドロシー・ヴァーノン」等出演のアラン・フォレスト氏。「受難のテス」等出演のスチュアート・ホームズ氏も助演している。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

闘牛士ペドロ・ロメロが帰郷したときドロレスは幼友達のガリトを引立ててやると 約束した。ペドロは恋人のあるディタが己に反いたのに気を落し牛に殺される。機会を与えられたガリトは見事に牛に止めを刺して一躍人気者になった。アルディタは早速彼を己が車に乗せて去り、彼はアルディタの愛に溺れた。ドロレスは彼の不実を怒る。カヴァロは彼女を立派な踊り子にしてやった。アルディタに飽き悔んだガリトはドロスに許しを乞うたが彼女は上べにカヴァロはガリトがいては彼女が己の意に従わぬことを悟り彼に毒を盛ることを企んだ。それを知ったドレスは彼を救わんとしてアルディタのために監禁されたが格闘の末相手を倒して闘牛場へ駆け付けた。その時服毒したガリトは危うく落馬しようとしていた。ドロレスは走りよって彼を救い牛をしとめて観衆の喝采を受けた。

作品データ

原題 The Siren of Seville
製作年 1924年
製作国 アメリカ
配給 ピー・ディー・シー映画
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > セヴィラの毒婦