映画-Movie Walker > 作品を探す > 星空(2011)

台湾の絵本作家ジミー・リャオの同名絵本を「九月に降る風」のトム・リン監督が映画化。13歳の少女・欣美の両親は出張が多く、離婚寸前だった。慕っていた祖父が亡くなり寂しさを募らせる中、不思議な転校生・宇傑と出会い、一緒に星空を見るため旅に出る。「台北カフェ・ストーリー」のグイ・ルンメイが特別出演。第7回大阪アジアン映画祭特別招待作品部門にて上映(上映日:2012年3月10日、14日、18日)。その後日本の版権の所在が不明となり、同映画祭から5年を経て劇場公開。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 100% (1)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

13歳の欣美(シンメイ)の両親は美術商で家には素敵な美術品が揃っていたが、両親は出張が多く離婚寸前。さらに慕っていた彫刻家の祖父が亡くなり、居場所を失ってしまう。そんなある日、欣美はスケッチブックを抱えた不思議な転校生・宇傑(ユージエ)と出会う。心に傷を負った二人は親しくなっていき、星空を見るため旅に出るが……。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

原題 星空
製作年 2011年
製作国 中国=台湾=香港
配給 太秦
上映時間 99
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 星空(2011)

ムービーウォーカー 上へ戻る