ゲキ×シネ 髑髏城の七人|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ゲキ×シネ 髑髏城の七人

2013年1月12日公開,179分
PG12
  • 上映館を探す

演劇の舞台をスクリーンで見せる試みを続ける『ゲキ×シネ』シリーズ第10弾。劇団☆新感線の代表作として、90年の初演以来、キャストを変え何度も上演されてきた同作を、小栗旬&森山未來&早乙女太一という若手キャストを迎えて再演した11年版。捨之介と天魔王という一人二役がそれぞれ独立した役として描かれている点に注目だ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

豊臣秀吉が天下統一を目論む時代。そんな彼の野望を阻止せんとする男が関東にいた。自らの居城、髑髏城で武装集団、関東髑髏党を率いる天魔王と名乗る男は、かつて信長に仕えた男だった。関東髑髏党に追われた女を助けた捨之介は、色里で無界屋蘭兵衛と出会う。天魔王の野望を知った捨之介はたった7人で天魔王に戦いを挑む事に。

作品データ

映倫区分
PG12
製作年
2012年
製作国
日本
配給
ヴィレッヂ=ティ・ジョイ=プレシディオ
上映時間
179分

[c]ヴィレッヂ/劇団☆新感線 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.3
  • さりぃ

    5
    2013/2/23

    舞台では古田新太ver.、市川染五郎ver.を観てて
    どちらもほんとに素晴らしかったので、どうしても小栗旬ver.を舞台で観る気にはなれなかった。。。
    あの世界観が壊されてしまいそうで・・・

    で、映画なら安いしいっか、ということで観に行ったワケで。
    結論。
    良かった!
    いや、舞台だとどうだったかわからないけどね。

    まず、これは小栗旬を観るための作品ではなかった。
    このためだけに脚本も書き直されたとのことでストーリーにもすごく深みが出てて、作品自体の魅力が格段に増してて、まさに髑髏を味わうために作品になってた。
    そしてワカドクロだけあって熱さで突っ走ってしまってる所も多いけど、それがまた共感させる演出がうま~く散りばめられてて…
    すっかりヤラれてしまいましたとさ。

    何より早乙女太一、初見で絶品(笑)
    いやこれ、DVD買って繰り返し観たくなるくらい美しい殺陣シーンでした。
    まさか殺陣で泣くなんて。。。不覚。。。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 4
    2013/2/15

    そもそも舞台をそのまま映画で公開するっていう作品を見たのが初めてだったので全てが新鮮でした。
    実際の舞台をみたことは人生において数回しかないのですが、スクリーンだと役者さんの表情もしっかりみえるし、席によって見え方が違うこともないし、私は好きだなあと思いました。

    映画として公開はされているけれど、撮り方も全く違うし、役者さんの演技も声の大きさも映画とは違うし、
    心情を身体で表現するしかない分ストーリーもわかりやすく、舞台もなかなか素敵だなあと思いました♪

    実際の舞台となるとお金もかかるし期間も短いので見にいけませんが、映画館でやってもらえるのはありがたいなあと。学生はなんと1000円でしたし(笑)

    このシリーズは毎回映画館でやっているみたいなので、
    観に行きたいなあと思います。キャストも豪華ですし。

    ストーリー的には、織田信長の腹心的な人たちは、彼の死後どうしたんだろうっていうところに焦点が当てられていておもしろかったです。
    織田信長に魅了された3人のそれぞれの生き方。
    よかったです。やっぱり舞台である分、俳優さんたちの演技がひかってました。ただコミカルさや、ロマンス要素は薄かったです。

    早乙女さんはプロって感じで汗もかかず、すごいなあと思いました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • kazuomi

    5
    2013/2/1

    「天元突破グレンラガン」「仮面ライダーフォーゼ」などの脚本を手がけた脚本家、中島かずきによる熱血作品。
    劇団☆新幹線の熱い舞台がスクリーンから伝わってくる迫力、熱量、最高でした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告