TOP > 映画作品を探す > 傍 3月11日からの旅

地震、津波、原発事故に人々が大きく揺さぶられた東日本大震災の4日後、宮城県の亘理町に暮らす友人のミュージシャンの安否を尋ねて被災地に入り撮影を始め、それから1年、宮城と福島を訪れ、被災者のそばで撮影したドキュメンタリー。監督は、「大丈夫。」の伊勢真一。出演は、シンガーソングライターの苫米地サトロ

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
2

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

2011年3月11日、東日本大震災が発生し、地震、津波、原発事故によって人々は大きく揺さぶられた。その4日後、カメラマン宮田八郎は、宮城県の亘理町に住む友人のミュージシャン苫米地サトロの安否を尋ねるため、被災地に入り撮影を始める。以来、毎月11日の月命日前後に仲間たちと共に、亘理町と、別の友人が暮らす福島県の飯舘村に通い続ける。宮城から福島、福島から宮城へと、被災者のそばで撮影し続けた時間は、無慈悲な仕打ちを前にした命に寄り添う1年だった。

作品データ

製作年 2012年
製作国 日本
配給 いせフィルム
上映時間 115
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/4更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 傍 3月11日からの旅