映画-Movie Walker > 作品を探す > この空の花 長岡花火物語 > レビュー

投稿レビュー(6件)この空の花 長岡花火物語は星4つ

「この空の花 長岡花火物語」に投稿されたレビューを
ユーザーが投稿した5段階評価を基準に、「良い」(星3つ以上)と「残念」(星2つ以下)に分けて表示しています。

遠藤玲子のワンダーランド (投稿日:2014年8月10日)

先に『野のなななのか』を観てから観たので、他レビュワーの方の指摘ほど仰天しなかったけど、とはいえやっぱり仰天しました笑
クイ気味の台詞や過剰な情報量、死者と生者がゆきかう超現実世界の展開に、呆れるというよりも衝撃のあまり泣けてきました。
ラストの花火大会と劇中劇の怒涛の嵐には稚拙にも見える合成技術が逆に舞台で飽和する演者たちの歓喜の絶頂を見事に表し、次の瞬間には画面が見えないくらい大号泣してしまいました。
ちなみにブルーレイでの3回目の鑑賞で、やっとこんな感じ。
1、2回目では???って印象だっただけにこの回数を重ねてやっと色んな場面の意味やメッセージが分かってきての現象だったと思います。
ああ、リアルタイムでぜひ劇場で観たかった!
どうかしてる…でも、どうにでもしてくれ!と身を捧げるに価する傑作です!»ガイドライン違反報告

投稿:でーいー

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

言いたい事は分かるけど… (投稿日:2012年7月20日)

話の流れが納得行かない。モデルとなった人がいると言う事を事前に言えばいいだけで、時折モデル(本人)の写真を挿入したり…。ドキュメンタリーかフィクションかの、どちらかに専念すべきであったと思う。

中学生や高校生にも(小学生にも)分かるように、字幕をつけてくれているのは、分かりやすくてもいいかも。»ガイドライン違反報告

投稿:かみのこ

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

花火以外何も知らなかった長岡 (投稿日:2012年5月26日)

最初から最後まで徹底した反戦映画です。
メッセージはちょっと強すぎる様に感じました。
同じ場面を繰り返し出してくるところも、少しくどいかも。
ただ、花火以外何も知らなかった長岡について、色々と教えてくれる映画です。
肝心の花火のシーンは、もっと迫力のある映像と大音量で演出して欲しかったですね。»ガイドライン違反報告

投稿:おさおさ

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

地域、世代を超えて (投稿日:2012年5月26日)

長岡市の人々が花火に込めた思いが地域や世代の壁を越えて広がっていくことを描いたルポ風の作品。松雪泰子演じる主人公とともに長岡市を旅しながら、様々な事実や問題提起を知っていく疑似体験を2時間40分続けたような気分。富司純子、笹野高史をはじめとするバラエティーあふれる俳優陣が力を合わせて、長岡の過去、現在を調べ、そして日本の未来を考という共同作業を展開しているようにみえる。その輪の中に入れたような充実感を覚えた。一人でも多くの人に観てもらいたい。»ガイドライン違反報告

投稿:ヘンマニア

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

濃い映画 (投稿日:2012年5月13日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

3・11をきっかけに、長岡花火と戦争、新潟中越地震など長岡をめぐるいろんな史実が凄まじい情報量で2時間40分の中に詰め込まれています。
その語り口がまたユニークで凄まじくて、ドキュメンタリータッチでありながら、ファンタジーの要素がいろんな垣根を取り払って、奔流のように流れ込んできます。
初めに随筆のような映画だとうたってあるように、つれずれなるままに浮かんだ思いを自由奔放に映像化した感じです。
大林宣彦という監督は思い入れの強い、過剰な映画を作る人だとは、わかってましたが、今回は凄まじいばかりの過剰さです。
過剰な思いを詰め込んで、投げ出しているだけなので、見ている方は、老人のくどい話に付き合わされている感じにもなってきますが、見ている方もいろんなことも考えさせられ、いろんな思いも湧き上がってきて、心を揺さぶる映画ではあります。
»ガイドライン違反報告

投稿:ネット紋次郎

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > この空の花 長岡花火物語 > レビュー