映画-Movie Walker > 作品を探す > 西部の愚連隊

ジェームズ・キャグニーの原案を、スティーヴ・フィッシャーが脚色、TV出身のクリスチャン・ナイビーが監督した西部劇。撮影は「底抜け行ったり来たり」のハスケル・ボッグス、音楽はポール・ダンラップが担当した。出演は「レースに賭ける男」のロリー・カルホーン、「死の谷」のヴァージニア・メイヨ、「荒野の駅馬車」のロン・チャニージョン・エイガー、リチャード・アレンほか。製作はA・Cライルズ。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1880年代の西部の町クリント(ロリー・カルホーン)は決闘のため故郷に帰ってきた。彼は数年前、妻セイラ(ヴァージニア・メイヨ)と密通した男を殺して立ち去ったのだが、セイラは今では酒場を経営していた。彼等の間にはタイジーという息子がいて、彼は母が捨てられたと信じて父を憎み、悪事の限りを働らいていた。ダイジーの一党は相変らず暴力をふるっていたが、サリーという娘が乱暴されるところを彼は助けた。また、酒場で暴れているタイジーたちにセイラが退去を命じると、無法者の1人ビフがセイラをなぐったので、タイジーとビフの間に激しい格闘が続いた。女をなぐることは彼らの掟に反するのだ。クリントの決闘の相手、ドースン一味が町にのりこむという情報をきいたタイジーは、父への復讐として、父が殺されるのを見物しようとした。セイラはタイジーの誤解をとこうとしたが彼は聞きいれない。決闘の日、ドースン一味にかこまれたクリントを見てセイラは、彼を救おうとして銃を持って飛び出したが、逆に撃ち殺された。これを見たタイジーはクリントを救うため飛びだした。西部の町にすさまじい死闘がくりひろげられたが最後に残ったのは、クリントとタイジーだった。町に平和が訪れ、クリントにはシェリフのバッジがおくられ、タイジーはサリーと結ばれることになった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Young Fury
製作年 1964年
製作国 アメリカ
配給 パラマウント
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 西部の愚連隊