TOP > 映画作品を探す > しあわせカモン

予告編を見る
しあわせカモンの画像

岩手県出身のミュージシャン松本哲也の自叙伝『空白』を基に、愚かだけれど懸命に生きた母親と荒れた気持ちを音楽により昇華する子供との悲しいけれど暖かい関係を描いた人間ドラマ。監督・脚本は『グミチョコレートパイン』『風の外側』『INJU』『余命』などTVドラマの演出を務める中村大哉で、本作が劇場映画監督デビューとなった。出演は「スイッチを押すとき」の鈴木砂羽、「レッド・ティアーズ」の石垣佑磨、「ランブリングハート」の大和田伸也ほか。2009年9月5日盛岡市・岩手県県民ホールにてお披露目上映。2011年10月13日より、広島県尾道市・福山市で開催された「お蔵出し映画祭2011」にて上映。グランプリを獲得した。

3/5
総評価数 3
レビュー 1
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (2)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
11

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

岩手県水沢市(現・奥州市水沢区)ヤクザと結婚した扶美江(鈴木砂羽)は、一人の子供を授かる。しかし、扶美江は次第に夜の世界へと足を踏み入れていく。そんな姿を見て荒れた青春時代を送る息子・哲也(石垣佑磨)。しあわせな暮らしを追いかけながらも、深い闇の中ですれ違う母子の絆。非行、覚せい剤…。二人の愚かしい行為が、しあわせの芽をことごとく摘んでゆく。それでも人は、強く懸命に生きていく。悲しい記憶を音楽に託した哲也と、そんな息子を支えに薬物の幻覚と闘う扶美江。やがて、二人の間に希望の光がさしはじめる。しかし、その希望を手にしたとたん扶美江は…。

作品データ

製作年 2009年
製作国 日本
配給 アークエンタテインメント(配給協力 クロスメディア)
上映時間 117
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 中村大哉
製作総指揮 石田裕一郎
EP 恩田真弓
企画協力 平間洋一
プロデューサー 宮川健治
脚本 中村大哉
撮影 山本圭昭
照明 永田英則
録音 深田晃
美術 高橋俊秋
編集 三浦清和
音楽 松本哲也
主題曲 松本哲也
衣裳/スタイリスト 浜井貴子波多野芳一
助監督 管公平
装飾 鈴木仁
スチール 白石剛
製作担当 前橋浩一
製作主任 山田浩夫
製作進行 伊勢隼一

キャスト

松本扶美江 鈴木砂羽
松本哲也 石垣佑磨
高野医師 大和田伸也
堀江通代 沢田亜矢子
松本哲夫 今井雅之
看護婦 清心
スナックのママ 安達有里

レビュー

感動!

投稿者:くまちゃん

(投稿日:2013/10/12)

お母さんがとてもかわいい人でしたね。 親子の愛情がとてもよ…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/4更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > しあわせカモン