映画-Movie Walker > 作品を探す > 台北カフェ・ストーリー

「非情城市」のホウ・シャオシェン製作総指揮の下、新鋭シャオ・ヤーチュアン監督が手がけたラブストーリー。台北のカフェを舞台に、物々交換をすることで様々な人たちが心を通わせていく姿を描く。出演は「密告・者」のグイ・ルンメイ、本作が映画初出演となるリン・チェンシー、「海角七号 君想う、国境の南」の中孝介

4/5
[?]評価方法について
総評価数 4
レビュー 0
投票 4
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (2)
星4つ 50% (1)
星3つ 50% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

台北。母子家庭で育った姉妹、ドゥアル(グイ・ルンメイ)と妹のチャンアル(リン・チェンシー)は、力強くユーモラスな母親にアドバイスをもらいながら念願のカフェをオープンする。そのドゥアル・カフェは、コーヒーのアロマ、手製のデザートの香りであふれている。しかし、やっと開店したものの一向にお客が入らない。そこでチャンアルが、カフェで物々交換を始めるアイデアを思いつく。様々な物が持ち込まれ、そして次のオーナーのもとへと去っていく。やがて物々交換はドゥアル・カフェの一番の魅力となり、それがきっかけで出会った人たちが、心を通わせていく。そんなある日、一人の男性がお店にやって来る。彼は世界35都市で集めたという35個の石鹸を持って来て、何か特別なものと交換したいという。以後、カフェに来る度に語られるそれらの石鹸のエキゾチックな物語にドゥアルの心は魅せられ、やがて姉妹の価値観をも変えていくのだった……。

見たい映画に
登録した人
17

作品データ

原題 第36個故事
製作年 2010年
製作国 台湾
配給 ユナイテッドピープル
上映時間 81
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 台北カフェ・ストーリー