ほかいびと 伊那の井月|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ほかいびと 伊那の井月

2012年3月24日公開,119分
  • 上映館を探す

幕末から明治にかけて伊那谷を約30年放浪した漂泊の俳人・井上井月の生涯を明らかにするドキュメント&フィクション。出演は、「ナイト・トーキョー・デイ」の田中泯。語りは、「歩いても 歩いても」の樹木希林。監督は、記録映画、TVドキュメンタリーを手掛けている北村皆雄。音楽は、「沙耶のいる透視図」の一柳慧。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

井上井月を愛する伊那人が80年をかけて集めた1800の句、逸話、日記の断片、聞き書きに基づき、井月の謎の生涯をドキュメントとフィクションで明らかにする。漂泊の俳人・井上井月(田中泯)は、幕末から明治にかけて、伊那谷をおよそ30年放浪した。家も家族も持たず、一所不在を貫きながら、伊那の自然、風土、生活を詠った。訪れる家を寿ぎ、死者への追悼句を捧げ、一宿一飯のお礼に句を置いて去る姿は、日本古来の“ほかいびと(寿・祝人)”を髣髴とさせるのだった……。

作品データ

製作年
2011年
製作国
日本
配給
ヴィジュアルフォークロア
上映時間
119分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

5.0
  • ちきう

    5
    2012/3/23

    映画は撮影された伊那で見ました。美しい四季の映像が印象的でした。季節が移り変わるとどんどん弱々しくなっていく田中泯さんは井月そのもののように感じました。出演者は泯さん以外は地元の人という事ですが演技が自然で、ドキュメンタリーとフィクションの構成が不思議な映画の世界に引き込まれました。場面場面で井月の句が沢山紹介されていたのもよかったです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告