映画-Movie Walker > 作品を探す > キリン POINT OF NO-RETURN!

長年にわたって雑誌に連載されている東本昌平の人気バイク漫画を、俳優としても活躍する「前橋ヴィジュアル系」の大鶴義丹監督が映画化。“キリン”と呼ばれる中年のバイク乗りが四輪のポルシェに戦いを挑む姿を、迫力のチェイスシーンとともに描く。出演は「ハードロマンチッカー」の真木蔵人、「サウダーヂ」の亜矢乃

5/5
[?]評価方法について
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 100% (1)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ジャズが流れるバーに、カラオケから逃げ出してきたと語るサラリーマン(真木蔵人)が駆け込んできた。歳のほどは30代後半から40代前半。陰のある佇まいだが、同時にやり手を思わせる雰囲気も漂わせていた。そこへ、少し酔った女トモミ(亜矢乃)が近付く。予感めいたものを感じた2人はそのまま男のマンションになだれ込み、激しい一夜を共にする。朝方、男の部屋に貼ってあるポルシェの写真を見て、“おじさんの趣味?好きなの?私、おじさんの名前も聞いてないよ”と聞いてくるトモミ。“キリン”と名乗った男とともに、トモミは駐車場へ向かう。キリンはBMWのバイクでその場から立ち去り、2人は別れる。若い女との一夜がそうさせたのか、バイク屋に立ち寄ったキリンは、スピード狂の若者のごとく最高のパワーを秘めたバイク、ハヤブサの試乗をしてみることに。走り屋の本性を一瞬にして解き放ったキリンによって、ハヤブサのリアタイヤは激しく摩耗する。バイク屋に戻ったキリンの目に止まったのは、シートに包まれたバイク。それは、かつて彼が乗っていたものの、事故に遭って廃車にしたはずの“カタナ”だった。しかも、それは最新のパーツをいくつか装備し、戦闘的な雰囲気をさらに増していた。その時、キリンの脳裏には、片時も忘れたことのないポルシェの姿が浮かんでいた……。

見たい映画に
登録した人
7

作品データ

製作年 2011年
製作国 日本
配給 インターフィルム(提供 インターフィルム=ミューズ・プランニング)
上映時間 105
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 大鶴義丹
製作 樋上幸久
プロデューサー 山崎将直
原作 東本昌平
脚本 大鶴義丹
企画 大鶴義丹
音楽 東野克照屋宗夫
制作統括 杉本健一郎
編集 小美野昌史
録音 治田敏秀
効果 伊藤克己
エグゼクティブプロデューサー 新田博那
ヘアメイク 渡辺祐子
助監督 早川喜貴
照明 藤田貴路
アクション監督 小美野昌史
整音 星一郎
撮影監督 沖芝和彦
ライライディング・アドバイザーディング・アドバイザー 宮崎敬一郎
マシンプロデューサー 杉本卓弥
衣裳/スタイリスト 本多徳生
アシスタントプロデューサー 中野亮

キャスト

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > キリン POINT OF NO-RETURN!