映画-Movie Walker > 作品を探す > シグナル 月曜日のルカ > レビュー

投稿レビュー(4件)シグナル 月曜日のルカは星4つ

「シグナル 月曜日のルカ」に投稿されたレビューを
ユーザーが投稿した5段階評価を基準に、「良い」(星3つ以上)と「残念」(星2つ以下)に分けて表示しています。

観る!観られる! (投稿日:2012年7月1日)

このラストシーンは凄い!おそらくこれから先、何度もマネをされて行くに違いない!
映画館が舞台の映画作品としては、「ニューシネマパラダイス」を挙げるまでもなく「オリヲン座からの招待状」や「ホノカアボーイ」など多数あり。これは、作家を主人公とした小説が読みやすいのと同様、観客が舞台である映画館そのものにいる訳で、感情移入しやすい面があるからでしょうね。
主役の二人に関しては、全く知りませんでした。しかしそのことが逆にみずみずしさを助長して良かったです。誰にでもデビュー作ってあった訳で、三根梓くん良い作品に当たって良かったね。
対して、高良健吾の性格は良く分からない。この人は何でもできる人なのでちょっと残念。
井上順は素人っぽさが「売り」だったけど、ようやく最近落ち着いた演技ができるようになってきて良かった。流石です。
そして、最後。我々は映画を観に来ている。映画館は映画を観せている、しかしそれだけだろうか。観る、観られるには、観せる、観たいとか他にもいろんな活用があり、それらを全部ひっくるめて映画という媒体ではないだろうか。そんなことを感じさせた。優れた映像作品だ。»ガイドライン違反報告

投稿:ミチさん

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

邦画の良さを実感できる映画です (投稿日:2012年6月12日)

久しぶりに邦画らしい邦画を見せてもらった気がします。
正直、全く期待していないくて、「ひぐらし....」レベルの駄作を覚悟していたんですが、これは正真正銘の映画です。

ストーリー展開は、現実ではそう簡単に進まない部分もサラッと流れてしまいます。
原作ではがどのようなものか、読んでいないのでわかりませんが、行間を読んで想像力を働かせると、そうした空白は自然と埋まります。
何故「シグナル」なのか、私は観終わってから理解できました。
そういう余韻の持たせ方も、ホントすごい。

演技や映像、特に役者さんの映し方がすばらしいんですよ。
魅入ちゃうので、その時はサラっと流れるんですが、頭に残る映像が、観終わった後も話を膨らませてくれます。
谷口監督と相性が良いんでしょうかね。
非常に心地よかったです。

若い役者さんは、まだまだ充分な演技とはいえないかもしれませんが、キャスティングの妙で見事にカバーされています。
本当にすごいと思いました。

特に、早大政経に在学中の三根梓さんの演技。
この先どのような道に進まれるのかわかりませんが、女優としての彼女の潜在能力は、予想をはるかに超えていました。
邦画史に残る1本になるかもしれません。

また、TVドラマのスピンオフや大金を投じて作成された映画は数多くありますが、本当の銀幕映画はお金を掛けなくても、著名な役者さんを被らせなくてもできるってことを再確認しました。

毎度のことながら毒を吐きますが、洋画やスピンオフに慣れている方には全く理解できないと思います。
「映画は金掛けて、役者無駄使いしてナンボ」って意見もアリだと思いますよ。
そういった方々の感じ方や意見も聞いてみたいので、最高評価にします。

観終わった後の余韻、感想というかお互いの受け取り方を議論したい....まさに邦画の中の邦画だと、私は思います。

この映像は、銀幕以外は考えられません。
DVDでは良さが半減してしまうでしょう。
観て得をするわけではありませんが、観ておかないと損でしょうね。
映画好き・邦画好きのための1本です。

是非、ご覧になって感想をお聞かせください。»ガイドライン違反報告

投稿:しろくま

評価:5
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > シグナル 月曜日のルカ > レビュー