シグナル 月曜日のルカ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

シグナル 月曜日のルカ

2012年6月9日公開,112分
  • 上映館を探す

まったく演技経験のない新人・三根梓を主演に抜擢。『愛のむきだし』の西島隆弘、若手演技派の高良健吾という経験豊富な若手キャストを脇に配して、関口尚の小説「シグナル」を映画化。約1世紀の歴史をもつ新潟の映画館で撮影を行ない、郷愁あふれるミステリアスな純愛ドラマが展開される。

予告編・関連動画

シグナル 月曜日のルカ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

地方の小さな映画館でアルバイトをすることになった恵介は、映写技師のルカと出会う。彼女は過去3年間、映写室から一歩も外へ出ていなかった。恵介は謎に包まれたユカに次第に惹かれていくが、“月曜日はそっとしておく”“恋愛は禁止”“過去について質問をしてはいけない”という3つの約束をかたくなに守り通そうとする。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2012年
製作国
日本
配給
ショウゲート
上映時間
112分

[c]2012「シグナル」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.7
  • ミチさん

    5
    2012/7/1

    このラストシーンは凄い!おそらくこれから先、何度もマネをされて行くに違いない!
    映画館が舞台の映画作品としては、「ニューシネマパラダイス」を挙げるまでもなく「オリヲン座からの招待状」や「ホノカアボーイ」など多数あり。これは、作家を主人公とした小説が読みやすいのと同様、観客が舞台である映画館そのものにいる訳で、感情移入しやすい面があるからでしょうね。
    主役の二人に関しては、全く知りませんでした。しかしそのことが逆にみずみずしさを助長して良かったです。誰にでもデビュー作ってあった訳で、三根梓くん良い作品に当たって良かったね。
    対して、高良健吾の性格は良く分からない。この人は何でもできる人なのでちょっと残念。
    井上順は素人っぽさが「売り」だったけど、ようやく最近落ち着いた演技ができるようになってきて良かった。流石です。
    そして、最後。我々は映画を観に来ている。映画館は映画を観せている、しかしそれだけだろうか。観る、観られるには、観せる、観たいとか他にもいろんな活用があり、それらを全部ひっくるめて映画という媒体ではないだろうか。そんなことを感じさせた。優れた映像作品だ。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • なみ

    2
    2012/6/23

    思っていたよりも爽やかな映画でした。どろどろな場面もあったけれど、全体的には観やすかった。

    主役二人が演劇を見ているように演技演技していたり、と思えば時には素・・・?と思えるような場面があったりと、映画のストーリーにのめりこむというより、二人の行動や台詞を目で追ってしまっていた。

    少女漫画を読んでいるような、はにかむシーンが満載(AAAの男の子の役の感じが好きだった)で、女の子は観て楽しめるんじゃないかなぁと思った。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • じぇふりぃちゅうぶ

    2
    2012/6/12

    若いキャストばかりだったので興味が無かったが、暇だったので観ました。久々に井上順も観たかったし。

    原作は知りません。モチーフとなった旧い映画館でフィルム上映に拘ると言う基本路線は嫌いではないので、その点は評価したい。名作「ニューシネマパラダイス」が大好きです。

    ヒロインはまあまあかな?と思うが、ヒーローと言うか相手役の男優が下手過ぎ!役者としての訓練を受けていないのかな?と思ってしまった。演技が軽薄そのもの。弟役の若い男優の方が、遥かにマシです。

    また全般に脚本や撮影は標準レベルを越えていると思う。ただ事務所の妨害と言うか?大人の事情が出過ぎていて、最後にルカが胸の傷を見せると言う、非常に需要なシーンで肝心の傷が見えない!むしろ胸全体を見せる位の物でないと駄目。

    これは全くダメダメです。自分の過去を好きな男に告白すると言う、ヒロインが次の段階に1歩踏み出す事を観客に見せるシーンなので、白眉とも言える重要な場面。それがぶち壊し。

    私が監督なら、そのシーンで出し惜しみするなら帰れ!と言いたい。

    と言う訳で、映画としての完成度は低いとしか言えません。レンタルで十分でしょう。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告