堂本剛 平安神宮公演2011 限定特別上映 平安結祈 heianyuki|MOVIE WALKER PRESS
MENU

堂本剛 平安神宮公演2011 限定特別上映 平安結祈 heianyuki

2012年2月24日公開,87分
  • 上映館を探す

テレビのバラエティ番組などでも活躍するKinKi Kidsの堂本剛が、2011年9月に平安神宮で行ったソロライブの模様を映像化。『金田一少年の事件簿 上海魚人伝説』など、旧知の仲である堤幸彦監督がメガホンを握り、照明やレーザーなどで美しく彩られた仏閣と、堂本が造り出した楽曲が入り混じった、荘厳な世界が繰り広げられる。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

2009年以降、“古都”でソロライブを展開してきたKinKi Kidsの堂本剛。2011年も9月2日から4日までの3日間、京都の平安神宮でライブを計画していた。2日のライブは無事に終えたものの、3日は台風の影響で中止を余儀なくされる。そして最終日の4日のステージがいよいよ幕を開ける。

スタッフ

作品データ

映倫区分
G
製作年
2012年
製作国
日本
上映時間
87分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

5.0
  • ポーシャ

    5
    2012/3/2

    平安神宮で行われたライブの映像だが,堂本剛とサポートミュージシャンが奏でる演奏が,圧倒的なパワーを放つ.神社を意識したものなのか,おなかの底に響き渡る和太鼓が,ドラム,ギターとみごとなコラボレーションを見せ,畳み込むように見ているもののテンションをMAXまで持っていく.ただただ,楽しくパワフルである.演奏が動なら,その合間に紡がれる堂本剛の歌は,まさに静.彼の声には癒しのパワーがある.和のテイストの曲調の中には強いメッセージ性がある.巧みな歌唱力で絶妙に声をコントロールする歌声には驚かされるが,それだけではなく再生への思いが半端ない.動と静の見事な調和,音楽の楽しさ,パワー,高揚感,癒し・・監督の堤幸彦氏がご自身のブログの中で言っている『脳に作用するもの』を確かに感じる.
    和太鼓がメインのライブ中盤の演奏もすごかったが,題名のなかった最後の演奏もすごかった.和太鼓とドラム,パーカッションの協奏から始まり,ギター,ベース,キーボード,吹奏楽器とどんどん音が重なり,音の嵐の中,光が溢れ,平安神宮の社殿が浮かび上がる.まさに立ち上がってこぶしを突きあげたい衝動にかられた.
    冒頭の堤氏とのわかりにくい対談とか,登場した瞬間,斬新すぎるだろうと思った衣装とか,全てを差し引いても余りある感動と余韻を残す,一見の価値のあるライブ映像だと思う.

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • もんた

    5
    2012/3/1

    去年の夏 平安神宮で行われた堂本剛さんのLIVE映画です。
    雨と虫の音と堂本剛さんの歌声と楽器演奏、そして美しい映像で疲れた心が癒されます。

    堂本剛さんが少しでも気になる方、音楽が好きな方 3/11までの限定公開となってますので是非ご覧ください。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告