映画-Movie Walker > 作品を探す > 飛べ!ダコタ

飛べ!ダコタの画像

終戦後わずかの昭和21年、佐渡島に不時着したイギリス軍輸送機の乗組員と、彼らをもてなし、再び飛び立つ協力をした島民たちとの国境を越えた友情と絆を描く、実話を基にした人間ドラマ。かつてダコタの搭乗員だった兵士の息子が佐渡島を来訪し、その事実を風化させまいと、地元フィルムコミッションの働きかけで製作された。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 17
レビュー 3
投票 14
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (8)
星4つ 62% (5)
星3つ 50% (4)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

終戦からわずか5ヶ月後の昭和21年(1946年)1月14日。その日、鉛色の空を切り裂いて、一機の飛行機が佐渡島にある高千村の海岸に不時着した。それはイギリス空軍の要人機《ダコタ》であった。真っ先に駆けつけたのは、海を見渡せる丘の上からその光景を目にした森本千代子(比嘉愛未)。イギリス空軍のパイロットたちは、上海の英国総領事を東京へ送る途中、悪天候に見舞われやむなく不時着したのだという。だが《ダコタ》は砂に埋もれ、滑走路もないことから乗組員は島に留まるしかなかった。つい半年前まで敵国であり、その戦争で家族を失った者や、帰らぬ息子を待つ者など、様々な想いを胸に抱く島民たち。しかし、千代子の父親で村長の新太郎(柄本明)は考えあぐねた末に「困った者を助けるのが、佐渡ん人間(さどんもん)」という、この土地に根付く精神に従って《ダコタ》が再び飛び立つまでの間、イギリス兵たちを自分が営む旅館に迎えることにする。初めは警戒していたイギリス人たちも、千代子や島民たちの温かいもてなしに、次第に打ち解けていくのだった。一方、千代子の幼なじみの木村健一(窪田正孝)は、兵学校での事故がもとで出征することなく村に戻ったまま終戦を迎えていた。英語の通訳をという千代子の頼みも無下に断り、一人殻に閉じこもる健一。そんなある日、島民と英兵たちが協力して滑走路づくりに励む中、親友の義春の戦死報告を受け取った健一は《ダコタ》が義春の死んだビルマ戦線でイギリスの将軍専用機だったこと知る。健一の中で、暗い憎悪の炎が燃えたぎり、ある夜、健一は遺書めいた書置きを残し一人《ダコタ》がある海岸へと向かう……。

見たい映画に
登録した人
55

作品データ

製作年 2013年
製作国 日本
配給 アステア
上映時間 109
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 油谷誠至
脚本 油谷誠至安井国穂友松直之
撮影 小松原茂
音楽 宇崎竜童
主題歌 石井里佳
美術 稲垣尚夫
エグゼクティブプロデューサー 伊与木敏郎
ライン・プロデューサー 桑原昌英

キャスト

森本千代子 比嘉愛未
木村健一 窪田正孝
森本新太郎 柄本明
高橋源治 ベンガル
佐吉 綾田俊樹
村上敏江 洞口依子
木村とよ 中村久美
篠田和子 芳本美代子
浜中幸三 螢雪次朗
松乃 園ゆきよ
望月 佐渡稔
ブラッドリー少佐 マーク・チネリー
デビッド少尉 ディーン・ニューコム

レビュー

人間の素晴らしいところ(涙目)

投稿者:Fujiko

(投稿日:2015/08/08)

毎年8月になると戦争関係の映画上映が増えるのですが、こちらは…

[続きを読む]

支持者:0人

今年一番

投稿者:こうきち

(投稿日:2013/10/10)

久しぶりに良い映画を見た気がしますので、投稿しました。村人の…

[続きを読む]

支持者:1人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 飛べ!ダコタ