ロボット|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ロボット

2012年5月12日公開,139分
  • 上映館を探す

映画大国インドが放つSFアクション超大作。『ムトゥ 踊るマハラジャ』のラジニカーントが無敵のロボットに扮し、まさかの大暴走を展開する。インド映画ならではの摩訶不思議な世界観、なんでもありの壮絶アクション、絢爛豪華な歌と踊りが怒濤のように押し寄せる。『スラムドッグ$ミリオネア』のA・R・ラフマーンが音楽を担当。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

バシー博士によって作られたアンドロイドのチッティ。ある日、知性と感情に目覚めた彼は、博士の美しい婚約者サナに恋をしてしまう。だが、サナにふられ、博士の怒りを買った彼は廃棄されてしまう。サナを手に入れるべく、制御不能の破壊兵器と化した彼はロボット軍団を結成。生き残りを賭けた闘いの火ぶたが切って落とされる。

作品データ

原題
रोबोट
映倫区分
G
製作年
2010年
製作国
インド
配給
アンプラグド(提供 アンプラグド=メダリオンメディア=ニッポン放送)
上映時間
139分

[c]2010 SUN PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.9
  • コロマル

    4
    2013/12/4

    初インド映画にして177分の超大作!

    もっと奇抜な内容かと思ってたけど、ストーリーは良い意味で 普通です。

    感情が無いロボットならではの 悲しい事故と、感情を持ったがゆえの ベタな展開…。ユーモアのセンスも好みで、予想以上に 楽しんじゃいました♪

    177分と長いのは、やはり 歌と踊りのせいもあるのかと…少なくとも4回は入りましたね…。しかもフルコーラス ぶっ込んできます(笑)

    女優さんのPVみたいで、始めは やや退屈していたのですが、慣れてくると だんだん 歌のシーンも楽しくなってくるから不思議♪

    女優さんは とても綺麗でセクシーです ++ 男優さんは…インド的にはイケメン枠なのかなぁ…?(^u^)

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ns_hind

    3
    2012/10/7

    スーパースター ラジニカーント主演。バシーガラン博士が作り出したロボット:チッティは博士の恋人サナに恋してしまう。インド映画。

    今だかつて観た事が無い映画。正直好みでない映画の中で一番面白い。

    そして色々と文化の違いを感じる。女性の肌の露出に関する件とか、主人公の博士が軍事利用を第一に考えている所とか。

    独自進化したセクシー&センハイスで、形容詞としては「面白い」しか思いつかない。

    完全版が後に公開されるだけあって確かにシーンがつながってない所あるな。磁気フォーカスの説明とか。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • barney

    4
    2012/6/16

    インド映画、はじめて観ました。
    歌ってましたね、踊ってましたね。
    ストーリーもそれなりにあり、アクションやSF感もありで、いろんなジャンルをいっぱい詰め込んだ映画でした。

    ラジニカーントって、インド映画界ではスーパースターみたいだけど、私にはただのおっさんに見える~~ぅ。
    アイシュワリヤー・ラーイの方がきれいでスタイルもよくておしゃれでした。

    ま~ぁ、ロボットが感情を持ち、それを悪いように悪用されたらったら怖いよってね。
    ターミネーターみたいなところもありましたよ。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告