TOP > 上映中の映画作品を探す > レッド・ティアーズ SWORD OF BLOOD

「レジェンド・オブ・フィスト 怒りの鉄拳」の倉田保昭企画・製作による映画出演100作目記念作品。連続猟奇殺人事件を追う二人の刑事の姿を描く。監督・脚本・撮影は「ハード・リベンジ、ミリー ブラッディバトル」の辻本貴則。共演は「パラダイス・キス」の加藤夏希、「ハードロマンチッカー」の石垣佑磨、「デンデラ」の山口果林、「少女たちの羅針盤」の森田彩華

2/5
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (1)
見たい映画に
登録した人
4

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

都内各地で頭部を切断された遺体が連続して発見され、事件を追う刑事・野島鉄雄(石垣佑麿)は、失踪者と一緒に証拠写真に写っていた美しい女性・紗代子(加藤夏希)に心を奪われる。そんなある日、鉄雄は偶然にも暴漢に襲われている紗代子を助け、二人は付き合うようになるが、紗代子は誰にも言えない悲しい運命を背負っていた。一方、鉄雄の先輩刑事・三島(倉田保昭)は極秘任務を遂行していた。それは、警視庁に組織された超法規的特殊部隊を率い、都会の闇に潜む吸血鬼一族を抹殺することだった。やがて、三島とその部隊が紗代子とその母の前に現れる。鉄雄は命をかけて愛する者を守ろうとするが……。

作品データ

製作年 2011年
製作国 日本
配給 倉田プロモーション(配給協力 ユナイテッドエンタテインメント)
上映時間 87
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 辻本貴則
企画 倉田保昭堀内政
製作 倉田保昭堀内政
脚本 辻本貴則米川榮一
撮影 辻本貴則
音楽 吉田光
特殊造型監修 西村喜廣
アクション監督 浅井宏樹
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/26更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > レッド・ティアーズ SWORD OF BLOOD