映画-Movie Walker > 作品を探す > 危険なメソッド

危険なメソッドの画像

20世紀初頭のチューリッヒを舞台に、男女3人の愛と友情を描いた舞台劇を、鬼才デイヴィッド・クローネンバーグ監督が映画化したミステリアスなドラマ。精神分析の礎を築いたユングとフロイト、さらにユングの患者であるロシア系ユダヤ人女性ザビーナという、実在した3人の物語がつづられる。ユングを演じるのはマイケル・ファスベンダー

3/5
[?]評価方法について
総評価数 62
レビュー 6
投票 56
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 7% (2)
星4つ 65% (17)
星3つ 100% (26)
星2つ 50% (13)
星1つ 15% (4)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1904年。29歳のユング(マイケル・ファスベンダー)は、チューリッヒのブルクヘルツリ病院で精神科医として働いていた。精神分析学の大家フロイト(ヴィゴ・モーテンセン)が提唱する“談話療法”に刺激を受けた彼は、新たな患者ザビーナ(キーラ・ナイトレイ)にその斬新な治療法を実践。間もなくユングは、ザビーナの幼少期の記憶を辿り、彼女が抱える性的トラウマの原因を突き止めることに成功する。しかし、医師と患者の一線を越えてしまった2人は、秘密の情事を重ねるようになり、ザビーナを巡るユングの葛藤はフロイトとの友情にも亀裂を生じさせてゆく。貞淑な妻よりも遥かに魅惑的なザビーナとの“危険なメソッド”に囚われ、欲望と罪悪感の狭間で激しく揺れ動くユング。やがて彼は、自分自身も想像しなかった痛切な運命を辿ることになるのだった……。

見たい映画に
登録した人
211

作品データ

原題 A Dangerous Method
製作年 2011年
製作国 イギリス ドイツ カナダ スイス
配給 ブロードメディア・スタジオ
上映時間 99
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

ザビーナ・シュピールライン キーラ・ナイトレイ
ジークムント・フロイト ヴィゴ・モーテンセン
カール・ユング マイケル・ファスベンダー
エマ・ユング サラ・ガドン
オットー・グロス ヴァンサン・カッセル

レビュー

予備知識は必要

投稿者:元電気メーカー社員

(投稿日:2012/12/03)

しっかり作られた人間ドラマで見ごたえはあります。が、臨床心理…

[続きを読む]

支持者:0人

精神世界を巡る二人の男の駆け引き

投稿者:yendou

(投稿日:2012/12/02)

二大心理学者ユングとフロイトの間で揺れる一人の患者ザビーナを…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 危険なメソッド